「発症(はっしょう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「発症(はっしょう)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「発症」の意味をスッキリ理解!

発症(はっしょう):病気の症状が現れること

「発症」の意味を詳しく


「発症」とは、症状が発生することです。症状とは、病気にかかったり怪我を負った際に、身体や精神に起こる異常が認知される状態のことです。

つまり、「発症」とは、「もともと抱えていた病気によって、身体や精神に異常が現れたこと」を意味しています。

したがって、病気にかかっていたり病原菌に感染していたとしても、身体や精神に異常が出ていなければ「発症している」とは言えません

しかし、自分で病気だという自覚がなくても、身体や精神に異常が発生していれば、それは発症していると言えます。

スポンサードリンク

「発症」の使い方

「発症する」という形で用いられることが一般的です。

具体的な使い方として、以下の例文が挙げられます。

  1. 毎年春になると、花粉症の症状が発症する。
  2. 急性虫垂炎による腹部の痛みが発症する。
  3. HIVウイルスに感染すると、エイズを発症する可能性がある。

「発症」の類義語

発症には以下のような類義語があります。

  • 発病(はつびょう)
  • 罹患(りかん)

「発病」と「罹患」は、どちらも「病気になること」を表しています。この二つの言葉は同義です。しかし、「発病」の方が一般的に用いられている表現です。「罹患」の方がより文章語であると言えます。

「罹患」は、「罹患者」や「罹患率」などいう言葉で使われることがあります。

ただし、すでに解説しましたが、病気を「発病」していたり、病気を「罹患」していたとしても、その症状が出ていなければ「発症」しているとは言いません。

スポンサードリンク

「発症」の対義語

発症には以下のような対義語があります。

  • 潜伏(せんぷく):病原体が体内に侵入してから、まだ症状が現れていない状態

病原体が体内に侵入してから、それによる症状が現れるまでの期間を「潜伏期」または「潜伏期間」と言います。

「発症」の英語訳

発症を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • outbreak of an illness
    (病気の発生)
  • pathogenesis
    (発症、病因)
  • appearance of symptoms
    (症状の出現)

“outbreak of an illness” の “an illness” を具体的な症状に書き換えることができます。

たとえば、 “outbreak of a headache” で「頭痛の発症」と訳します。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「発症」について解説しました。

読み方 発症(はっしょう)
意味 病気の症状が現れること
類義語 発病、罹患
対義語 潜伏
英語訳 outbreak of an illness(病気の発生)

「発症」という言葉の意味を理解すると、併せて「発病」や「罹患」という似た言葉についての理解も深まるのではないでしょうか。このような、似ている言葉の少しの違いを理解するだけでも、ボキャブラリーは飛躍的に豊かになるはずです。

スポンサードリンク