「言及(げんきゅう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「言及(げんきゅう)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「言及」の意味をスッキリ理解!

言及(げんきゅう):ある事柄について話すこと

「言及」の意味を詳しく

「言及」とは、「話がある事柄に及ぶこと」を指す言葉です。

「及」は「及(およ)ぶ」と訓読できるように、あるところへ到達することを意味します。つまり、「言及」は、ある話題に触れることを指すのです。

ちなみに、「ごんきゅう」と読むのは誤りです。注意しましょう。

スポンサードリンク

「言及」の使い方

  1. 連日報道されている不正疑惑について、社長の言及はなかった。
  2. この問題は、会議で言及すべきだ。
  3. 記者会見は時間が限られているため、言及すべき点を事前に明らかにしておく必要がある。

「言及」は、新聞やテレビのニュースといった公的な場面で主に使われます。

また、法律用語の解説や、論文などの改まった場でも使われます。

「言及」の類義語

言及には以下のような類義語があります。

  • 論及(ろんきゅう):ある事柄に触れて論じること

「論及」は、ある事柄について、詳細にまで触れて論じることを言います。「言及」の場合は、どの程度その事柄に触れるかについては問われないため、「論及」よりも使う場面は多いと言えます。

スポンサードリンク

「言及」の英語訳

言及を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • reference
    (言及)
  • mention
    (言及する)
  • refer to
    (言及する)

referenceは、「言及」という意味の名詞です。

“mention” と “refer to” は、どちらも「言及する」という意味の動詞です。 “mention” が「軽く話題に触れる」という意味を持つのに対して、“refer to” は「きちんと話題にして触れる」という意味を持ちます。

また、“mention” については、“Don’t mention it” という成句が会話の中でよく使われます。「どういたしまして」と訳されますが、もとは「それについては話題にしなくてよい」という意味です。

まとめ

以上、この記事では「言及」について解説しました。

読み方 言及(げんきゅう)
意味 ある事柄について話すこと
類義語 論及
英語訳 reference(言及),mention(言及する),refer to(言及する)

「言及」という熟語を使った表現は、見かけることはあっても使う機会は少ないでしょう。しかし、行為としては日常的にしていることですね。

これを機に、「言及」という熟語を使いこなせるようになってみましょう。

スポンサードリンク