ことわざ「風雲 急を告げる」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「風雲(ふううん) 急(きゅう)を告げる」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「風雲 急を告げる」の意味をスッキリ理解!

風雲(ふううん) 急(きゅう)を告げる:何か大きな事件が起きそうな、差し迫った状況になること

「風雲 急を告げる」の意味を詳しく

「風雲 急を告げる」は、何か大きな事件が起きそうな、差し迫った状況になるという意味のことわざです。不穏な気配や良くないことの前触れを感じるという意味もあります。

このことわざの「風雲」が表しているのは、嵐の前の特徴的な風と雲です。

嵐の前の風は普段よりも強かったり、湿っていたりします。また、嵐の前の雲は普段とは違う形をしていたり、薄暗く重々しい見た目だったりします。

 

一方、「急」は、「差し迫って猶予がない状態」「緊急の状態」という意味です。

つまり、「風雲 急を告げる」を文字通りに解釈すると、「不穏な風や雲により、嵐がすぐそこまで来ていることが分かる」となります。

 

また、特徴的な風や雲を感じると、多くの人が天候の変化を予感します。「風雲 急を告げる」は、「世の中の流れ・情勢の変化の予感」を嵐の前の風や雲にたとえたことわざです。

「風雲急」と略して使用することもあります。

そのため、「風雲急」というひとまとまりの単語であると理解する人も多いですが、これは誤りです。「風雲」と「急を告げる」の2つに分けて理解しましょう。

スポンサードリンク

「風雲 急を告げる」の使い方

  • アメリカの不動産価格が下落し始め、サブプライムローンの構造上の欠陥が指摘された。今後の世界経済に風雲急を告げるようだった。
  • 「大事な話があるから来て」と長年付き合っている彼女は言った。瞳はどこか冷たかった。空を見上げると、太陽が雲に隠れていた。風雲急を告げるような雰囲気を僕は察した。
➀の例文では、サブプライムローン問題を契機とする世界規模の金融危機を予感しています。「何か大きな事件が起きそうな、差し迫った状況になる」という意味で使用しています。

➁の例文では、長年付き合っている彼女から別れ話を持ちかけられることを予期しています。この場合の「風雲 急を告げる」には客観的な根拠はありません。そのため、「不穏な気配や良くないことの前触れを感じる」という意味になります。

「風雲 急を告げる」の類義語

「風雲 急を告げる」には以下のような類義語があります。

  • 一触即発:あと一歩で大事件に発展しそうな様子
  • 嵐の前の静けさ:大事件が起こる前の不気味な静けさ
スポンサードリンク

「風雲 急を告げる」の対義語

「風雲 急を告げる」には以下のような類義語があります。

  • 平穏無事:何も問題がなく、穏やかな様子
  • 天下泰平(てんかたいへい):世の中が穏やかで、のんびりしていること

「風雲 急を告げる」の英語訳

「風雲 急を告げる」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • The situation has grown tense.
    (状況が緊迫している。)
  • the critical situation to grow tense, threatening an upheaval.
    (状況が緊迫していて、情勢が大きく変化しそうだ。)
  • have become critical (and to be on the verge of a major upheaval)
    (危機的状況で、大変動の瀬戸際にいる)

一般的には “tense” は「ピンと張った」という意味ですが、この場合は「緊張した、緊迫した」という意味です。

“threatening” は形容詞で、「悪いことが起こりそうな」「天候が崩れそうな」という意味があります。

一方 “upheaval” は名詞で、「大混乱、大変動」という意味です。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「風雲 急を告げる」について解説しました。

読み方風雲(ふううん) 急(きゅう)を告げる
意味何か大きな事件が起きそうな、差し迫った状況になること
類義語一触即発、嵐の前の静けさなど
対義語平穏無事、天下泰平など
英語訳the critical situation to grow tense, threatening an upheaval.(状況が緊迫していて、情勢が大きく変化しそうだ。)

嵐の前の風や雲は、どこかせわしなく、不穏な感じがします。その感覚をことわざにしたのが、「風雲 急を告げる」です。

大事件に適切に対処するためには、早めに情報を得ることが重要になります。周囲のあらゆるものに気を配りながら生活していきましょう。

スポンサードリンク