「ファビュラス」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ファビュラス(fabulous)」です。

「ファビュラス」の意味や使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ファビュラス」とは?

ファビュラス(fabulous):プラスの意味で現実離れしていることを表す形容詞

「ファビュラス」の意味を詳しく

「ファビュラス」とは、プラスの意味で現実離れしていることを表す形容詞のことです。

他の英単語で言うと “wonderful” や “amazing” などと似た意味を持ちます。これらには「素晴らしい」という意味があります。

つまり、「ファビュラス」は「とても素晴らしい」「ものすごい」などのプラスの意味での驚きや感嘆を表す言葉なのです。ただし、「ファビュラス」にはそこに「現実離れしている様子」という意味合いも追加されています。

もともとは「童話に出てくるような」という意味を持つ言葉でした。そのため、「架空の」「伝説上の」という意味もあります。そこから「信じられないほどの」という意味に派生し、驚きや感嘆を表すようになったのです。

 

叶姉妹が使うことで有名なこのカタカナ語ですが、叶姉妹はもう一つ「マーベラス(marvelous)」という言葉もよく使用します。これも「素晴らしい」という意味の形容詞です。「ファビュラス」と意味はほとんど同じだと思って大丈夫です。

ただし、「マーベラス」は英語圏では、あまり現代風の言い回しではないようです。どちらかと言うと昔の高貴な身分の人が使っていたお上品な言葉というイメージです。それに比べると「ファビュラス」はまだ今でも使われる言葉といえます。

ちなみに、「ファビュラス」はイギリスでよく使われている言葉で、主に女性が使います。男性が使ってはいけないわけではありませんが、女性がよく使う言葉です。

辞書には「素晴らしい」「素敵だ」などのように書かれていますが、日本語で言う「かわいい」や「すごい」のようなニュアンスを持つ使い勝手のいい言葉です。

スポンサードリンク

「ファビュラス」の使い方

  1. 今日はファビュラスなファッションだね。
  2. 彼女が通るだけでファビュラスな香りがする。

上品で豪華なイメージが伝わってきますが、日常生活の中で「ファビュラス」という言葉を使う機会はあまりないかもしれません。

「ファビュラス」の語源

「ファビュラス」の語源は英語の “fable” です。

“fable”は寓話(ぐうわ)という意味の英単語です。寓話とは、教訓を交えたおとぎ話のことで、擬人化した動物などを登場させて親しみやすくしているものが多いです。イソップ物語がこれに当たります。

「作り話、寓話、神話」などの意味がある “fable” の形容詞形が “fabulous” です。そのため、 “fabulous” のもとの意味は「架空の」「伝説上の」という意味でした。

ここから、「信じられないほどの」という意味でも使われるようになり、今のような意味に変化したのです。

ちなみに、英語では “fabulous” は “fab” と省略されることがあります。ビートルズは当時 “fab four” (素晴らしい4人)と呼ばれていました。

スポンサードリンク

「ファビュラス」の類義語

「ファビュラス」には以下のような類義語があります。

  • マーベラス(marvelous)
  • ワンダフル(wonderful)
  • ファンタスティック(fantastic)
  • アメージング(amazing)
  • エクセレント(excellent)

どれも「素晴らしい」と訳すことができる似たような意味ですが、若干のニュアンスの違いはあります。

例えば「マーベラス」は少し硬い言いまわしですし、「エクセレント」は「能力的なすばらしさ、技術の凄さ」という意味合いがあります。また、「ファンタスティック」は幻想的なすばらしさを表します。

まとめ

以上、この記事では「ファビュラス」について解説しました。

英語表記 ファビュラス(fabulous)
意味 プラスの意味で現実離れしていることを表す形容詞
語源 「寓話、作り話」という意味の英単語 “fable” から
類義語 マーベラス、エクセレント、ワンダフル、アメージング、ファンタスティック

「ファビュラス」という言葉は実際に日常生活の中で使う機会は多くないと思います。

しかし、知識として頭に入れておけるといいですね。

スポンサードリンク