「アメイジング」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アメイジング」です。

「アメイジング」の意味・使い方・語源・対義語などについてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「アメイジング」とは?

アメイジング(amazing) :感動的な、素晴らしい、心が震える

「アメイジング」の意味を詳しく

「アメイジング」は英語のamazingに由来があり、日本では「素晴らしい・すごい・驚くだ」という意味で使われます。

似た意味を持つ言葉としてsurprisingがありますが、surprisingが「〜を不意をついて驚かせる」というニュアンスなのに対し、amazingは「素晴らしいものを見て感動した」という意味です。

つまり、私たち日本人が日常で感じる「びっくり・驚いた」という気持ちは、アメイジング(amazing)ではなくsurprisingにあたります。

 

アメイジングという言葉は、日常で気軽に褒め言葉として使うには少々大げさすぎるという一面があります。

そのため、上記のような「(あまりの感動で)心が震えた=心が驚いた」という場面で使うのが、アメイジングの正しい使い方となります。

 

アメイジングは基本的にプラスの意味を持つ褒め言葉ですが、まれに皮肉の意味で「すごい」という気持ちを伝えるために使われることがあります。

たとえば、「他の人はみんなできるのに、あなただけできないなんてすごいね!」という文章があったとします。

このとき、文章中の「すごい」は相手をバカにする意味で使われていますが、皮肉の意味を込めてアメイジングと表現することがあるのです。

「アメイジング・グレイス」とは?

アメイジングという言葉を「アメイジング・グレイス(アメージング・グレース)」という賛美歌の名前で知った人も多いことでしょう。

「アメイジング・グレイス(アメージング・グレース)」は、イギリスの牧師ジョン・ニュートン が作詞した賛美歌です。

アメリカではもっとも愛されている曲の一つであり、日本でも結婚式でほぼ必ずといっていいほど歌われます。

 

「アメイジング・グレイス(アメージング・グレース)」の「グレース(grace)」は神の祝福という意味を持ちます。

つまり、「アメイジング・グレイス(アメージング・グレース)」とは、神の祝福を受けて感動のあまり心が震えた心境を表す言葉なのです。

このような背景があるため、「アメイジング・グレイス(アメージング・グレース)」は結婚式で新郎・新婦の幸せを讃えるために歌われるのです。

スポンサードリンク

「アメイジング」の使い方

  • 結婚式でアメイジング・グレースを歌っていたら、自然と涙が出てきた。
  • アメリカ人は感情表現がストレートだ。「アメイジング」という褒め言葉も普通に使う。
  • リトル・マーメイドは「アメイジング・ストーリー」と呼ぶに相応しい傑作だ。
  • 流行りの映画を見て泣いた。こんなにもアメイジングな気持ちを感じたのははじめてだ。

上記例文のように、アメイジングは日常では感じることが少ない「心が震えるような心境」を表すために使われます。

アメイジングは「一段上の驚き」を表現するために言葉なので、私たちが日常で感じる「びっくり・驚き」とは違うことに注意しましょう。

なお、例文中のアメイジング・ストーリーとは「素晴らしいお話」という意味の言葉です。

「アメイジング」の語源

カタカナ語の「アメイジング」の語源は、英語のamazingです。

amazingは「びっくりするような・驚くべき」という意味を持ち、他動詞amazeが形容詞となったものです。

amazeが「〜を驚かせる」という意味を持つのに対し、amazingは「心が驚くような(もの)」という意味です。

注意すべき点は、どちらの「驚く」にも「素晴らしい・感動的な」というニュアンスがあることです。

 

「英語のamazing」と「カタカナ語のアメイジング」は、どちらも「驚くような」という意味を持っています。

しかし、これらの「驚く」は正確には「(感動のあまり)心が震えた」という表現が適切です。

同じ「驚くような」という意味を持つsurprisingとは、まったく違うニュアンスがありますので注意しましょう。

スポンサードリンク

「アメイジング」の対義語

アメイジング(amazing)の対義語として、英語のboringが挙げられます。

boringは「つまらない・退屈だ」という意味を持つ言葉であり、心が驚くような要素を持たないものに対して使われます。

心が驚かないということは、当然ですが「感動的・素晴らしい」といった感情を抱かないということです。

よって、「感動で心が震える」という意味のアメイジングの対義語は、「つまらない・退屈だ」という意味を持つboringとなるのです。

「アメイジング」と似ている言葉・間違いやすい言葉

「アメイジング(amazing)」と似た意味の言葉としてsurprisingがありましたが、実は他にも同じような意味の言葉はあります。

代表的なのが「ファンタスティック」と「ブリリアント」です。

どちらもプラスの感情を表現するときに使われる言葉ですが、「アメイジング」との違いを理解していない人は少なくありません。

そこで、ここからは「アメイジング」と似ている言葉・間違いやすい言葉についてまとめていきます。

「アメイジング」と「ファンタスティック」の違いとは?

「アメイジング」と似ている言葉として「ファンタスティック」があります。

ファンタスティックは「非常に素晴らしい・感動的・幻想的」という意味を持つ言葉です。

どちらも同じ「素晴らしい」という意味を持っていますが、1点だけ違うところがあります。

それは、ファンタスティックが称賛の意味で使われるのに対して、アメイジングは驚きの要素を込めて「素晴らしい・すごい」と表現することです。

つまり、アメイジングは必ずしも称賛の意味で使われないので、「すごい高さのビル」の「すごい」を表現する際にも使えるのです。

 

このように、「アメイジング」と「ファンタスティック」にはニュアンスに明確な違いがあります。

カタカナ語として使われる際には違いがわかりづらいので、注意しておきましょう。

「アメイジング」と「ブリリアント」の違いとは?

カタカナ語の「ブリリアント」も、「アメイジング」と同じで何かを褒める際に使われます。

「ブリリアント」はネイティブが気軽に使える褒め言葉として有名です。

たとえば、美味しいランチを食べたときに「美味しい!」という意味でブリリアントが使われます。

また、いいプレゼンをした人に「よかった!」という意味で褒め言葉として使うこともできます。

 

このように、ブリリアントは「アメイジング」と違って特別なシチュエーションでなくても頻繁に使うことができる言葉です。

そのため、「アメイジング」と表現するには大げさすぎる場面でも、ブリリアントという言葉は活躍します。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「アメイジング(amazing) 」について解説しました。

英語表記アメイジング(amazing)
意味感動的な、素晴らしい、心が震える
語源英語のamazing
対義語英語のboring
似ている言葉アメイジング:驚くほど素晴らしいという意味で使われる
ファンタスティック:称賛の意味で使われる。驚きの要素はない
ブリリアント:日常で気軽に使うことができる褒め言葉

あなたは「アメイジング・グレース」を聞いたことはあるでしょうか?

洋画の感動シーンで使われることも多いこの曲ですが、聞いているだけで不思議な気分になる名曲です。

また、歌詞で使われている英語も簡単な単語ばかりですので、英語学習にも最適といえます。

もし、あなたが今すぐ「アメイジング」な気持ちになりたいのなら、YouTubeで「アメイジング・グレース」と検索して聞いてみてください。

「アメイジング・グレース」を好きなネイティブがなぜこんなにも多いのかがわかりますよ。

スポンサードリンク