ことわざ「得手に帆を揚げる」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「得手(えて)に帆(ほ)を揚(あ)げる」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「得手に帆を揚げる」の意味をスッキリ理解!

得手(えて)に帆(ほ)を揚(あ)げる:自分の得意な分野で絶好の機会を得た時に、張り切ること

「得手に帆を揚げる」の意味を詳しく


「得手に帆を揚げる」は、自分の得意な分野で絶好の機会を得た時に、張り切るという意味のことわざです。また、絶好の機会を得た時に、思う存分に力を発揮するという意味もあります。

「得手」は、「最も得意とすること」という意味です。そのため、「得手に帆を揚げる」は、「自分の得意分野に合った機会に恵まれた」という時に使用します。単に「運がいい」という場合には使用しません。

「揚げる」は、「上げる」と表記する時もあります。また、「得手に帆」だけでも、「得手に帆を揚げる」と同じ意味を表します。

スポンサードリンク

「得手に帆を揚げる」の使い方

  1. 最年少でプロジェクトリーダーに任命された彼は、得手に帆を揚げて様々な意見を言った。
  2. 彼は学生時代、学校随一のお菓子好きとして知られていた。今や、お菓子メーカーの最年少取締役だそうだ。きっと入社以来、得手に帆を揚げるようにして活躍してきたのだろう。
  3. スマートフォンの急劇な市場拡大に注目したS社は、スマートフォン向け新サービスの開発に注力した。その結果、得手に帆を揚げるように売り上げが右肩上がりとなった。

➀の例文では、「自分の得意なことを発揮する絶好の機会が来た時に、張り切る」という意味で「得手に帆を揚げる」を使用しています。

一方、➁と➂の例文では、「絶好の機会を得た時に、思う存分に力を発揮する」という意味で「得手に帆を揚げる」を使用しています。

➂の例文のように、会社についても「得手に帆を揚げる」と表現することができます。

「得手に帆を揚げる」の由来

「得手に帆を揚げる」は、追い風のタイミングに合わせて帆を広げ、船が加速していく様子に由来しています。

「帆」とは、帆船(はんせん)(※1)の柱に張る布のことです。帆を広げ、風を受けることで、船を加速させることができます。

しかし、帆による加速は、風向きに影響されます。向かい風の時は全く加速できません。一方、追い風の時は大きく加速することができます。そのため、風向きが良くなる瞬間を逃さずに、帆を広げることが非常に重要になります。

このことわざの「得手」は、絶好の風が吹くことを指します。つまり、「得手に帆を揚げる」は、船が進むための絶好の追い風が吹いた時に、タイミングよく帆を広げることを表しています。

  • 帆船(※1):帆に風を受けることで、走る船
スポンサードリンク

「得手に帆を揚げる」の類義語

「得手に帆を揚げる」には以下のような類義語があります。

  • 順風満帆(じゅんぷうまんぱん):物事が順調に進むこと
  • 追風に帆を上げる:「得手に帆を揚げる」と同義
  • 流れに棹(さお)をさす:物事が順調に進むこと
  • 追手(おいて)に帆を揚げる:物事が順調に進むこと
  • 風に順(したが)いて呼ぶ:勢いに乗って事を行うと、成功しやすいということ
  • 渡りに舟:何かしようとしている時に、都合よく必要なものがそろうこと

「得手に帆を揚げる」の英語訳

「得手に帆を揚げる」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Hoist your sail when the wind is fair.
    (順風のときに帆をあげよ。)

“hoist” は「揚げる」、 “sail” は「帆」を意味します。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「得手に帆を揚げる」について解説しました。

読み方 得手(えて)に帆(ほ)を揚(あ)げる
意味 自分の得意な分野で絶好の機会を得た時に、張り切ること
由来 追い風を受けて、船が加速する様子から
類義語 順風満帆、追風に帆を上げる、流れに棹をさすなど
英語訳 Hoist your sail when the wind is fair.(順風のときに帆をあげよ。)

誰しもが、何かしらの得意分野があるでしょう。

自分に絶好のチャンスが巡ってきて、実力を発揮できそうな時には、ぜひ「得手に帆を揚げる」を使ってみてください。

スポンサードリンク