今日から使える!「十分」と「充分」の違い

違いのギモン

不足のない状態を「じゅうぶん」といいます。漢字にすると、「十分」と「充分」の2通りに変換することができますね。

読み方と大意が共通しているため、どちらも同じような言葉であるように感じられます。

しかし、両者の意味には微妙な違いがあるのです。そこで、この記事では、「十分」と「充分」の相違点や使い分けについて解説します。

スポンサードリンク

「十分」の意味

「十分」の語源は、「十等分したものが全てそろう」というものです。つまり、 “10分の1” が10個集まって “1” になった状態を指すのですから、「十分」は “100%” という意味なのです。

数に表して満足を示すため、「十分な状態」は誰が見ても同じように判断することができますね。ですから、「十分」は客観的にみて不足がない状態ともいえます。

この由来からわかるように、「十分」とは、数値的・客観的な観点で不足のない状態のことをいいます。分量、回数、程度などが満たされた場合に使います。

「充分」の意味

「充分」の「充」という漢字には、「満ち足りている」という意味があります。「満ち足りている」と判断するための条件は、数値などを使って客観的に表すことができる場合もありますが、その人の感覚や価値観によって主観的に決まる場合もありますね。

この由来からわかるように、「充分」は、数値を用いた客観的な満足も、感覚をもとにした客観的な満足も示すことができる言葉なのです。

スポンサードリンク

「十分」と「充分」の使い分け例

「十分」と「充分」の相違点をふまえて、両者の使い分けについて解説します。

「十分」の使い方

「不足のないように調査する」ということを表現したいとき、「十分に調査する」と「充分に調査する」のどちらが適切でしょうか。

不足のない調査とは、調べなければならないことが100個あるならば、100個全てをチェックしていることを指しますね。つまり、この場合は数値的・客観的な満足を表現する必要があります。

ですから、この場合は、「十分に調査する」という文にするのが適切です。

 

もちろん、「充分に調査する」という文であっても意味は通じます。

しかし、「充分」は数値的・客観的な満足を伝える場合と、精神的・主観的な満足を伝える場合があります。後者の用法で受け取ると、調査をする人物が主観をもとに調べているだけにすぎず、100個ある調査リストを網羅していない可能性があるという意味合いが出てしまうのです。

ですから、「充分に調査する」よりも「十分に調査する」という表現のほうが適切です。

「充分」の使い方

「不足なく眠ることができた」ということを表現したいときは、「十分に寝た」と「充分に寝た」のどちらが適切でしょうか。長時間寝たということですから、数値的に不足がないことを表す「十分」を使っても良さそうですね。

しかし、睡眠時間の長さは人それぞれです。また、たっぷり寝ると翌日は体調や気分が良いですから、精神的に満ち足りているという意味も含まれています。

ですから、この場合は、動作主の主観に基づいた質的・精神的な満足を表現することができる「充分」を使ったほうが、状況をより的確に言うことができるのです。

 

このように、「十分」と「充分」は、基本的にはどちらを使っても問題ないものの、両者の相違点を反映させて使い分けることで、細かいニュアンスを正確に表現することができるのです。

補足:誤解を防ぐために「十分」と「充分」を使い分ける場合

前項で、客観的に不足がないときには「十分」を、主観的に不足がないときには「充分」を使うのが適切であると解説しました。ここでは、別の観点で両者を使い分ける場合について説明します。

「お風呂あがりに髪の毛をしっかりと乾かす」ということを表すために「髪の毛を十分乾かす」という文を作ったとします。「十分に乾かす」というように、 “充分” と “乾かす” の間に “に” が補われていたら、「じゅうぶん」と読むことができます。

しかし、この文では「十分乾かす」となっているので、 “10分間、時間を計って乾かす” という意味にもとれますね。

 

そこで、誤解を避けるために「充分」を使うという方法があります。

水気が一切ない状態になってはじめて「しっかりと乾いた」という状態になるため、客観的な条件で達成する状態です。この意味を考えると、本来は「充分」ではなく「十分」と書くのが適切です。

しかし、「充分」を使うことで、読み手は “10分間乾かす” という意味に間違えることはありませんね。このように、「十分(じゅうぶん)」と「十分(じゅっぷん)」の混同を防ぎ、わかりやすい文にするために「充分」を使うこともあるのです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「十分」と「充分」の意味の違いと使い方について解説しました。あらためて、両者の違いについておさらいしましょう。

  • 十分数値的・客観的に不足がない状態
  • 充分数値的・客観的に不足がない状態、または精神的・客観的に不足がない状態

以下のような覚え方で、両者の違いをマスターしましょう。

  • 「十」は数字だから、「十分」は数値的・客観的な満足を表す
  • 「充」は満たされるという意味だから、精神的・主観的な満足も表せる

「十分」と「充分」のうち、自分が伝えたい “不足のない状態” を表すために適切な方を使うと、わかりやすく表現することができます。聞き手・読み手も、両者の区別を知っていれば、相手の言う「満足」がどのような特徴をもっているのか深く理解することができるのです。

スポンサードリンク