「同伴(どうはん)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「同伴(どうはん)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「同伴」の意味をスッキリ理解!

同伴(どうはん):一緒に連れたって歩くこと。特に、男女が連れたって歩くこと。

「同伴」の意味を詳しく

「同伴」とは、二人の人間が一緒に連れたって歩くことを意味します。「同」と「伴」のどちらにも、「一緒に行動する」という意味があります。

特に、夫婦や恋人など、二人の男女が連れたって歩く際に使われます。このため、水商売において、顧客と店員が外で会う際にも「同伴」という熟語が使われることがあります。

スポンサードリンク

「同伴」の使い方

  1. 愛妻家の夫が、妻に同伴する。
  2. 向こうで同伴している二人は、恋人同士だ。

「同伴」の類義語

同伴には以下のような類義語があります。

  • 同行(どうこう):ついて行くこと
  • 随行(ずいこう):目上の人のお供として、ついて行くこと
  • 随伴(ずいはん):お供としてつき従うこと。また、一緒に連れたって歩くこと
  • 付添(つきそい):人や物を守るために、そばで付き添うこと
  • 差添(さしぞえ):付き添うこと。また、付き添っている人

「同行」が単について行くことを意味するのに対し、「随行」は目上の人のお供としてついて行くことを意味します。使い分けが必要です。

「随伴」は、上記の意味の他に「ある物事にともなって起こること」という意味も持ちます。

「差添」は、刀に添えて腰に差す短刀という意味も持ちます。また、人を指す場合は差添人(さしぞえにん)とも言います。

スポンサードリンク

「同伴」の英語訳

同伴を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • escort
    (女性に付き添う)
  • associated
    (同伴)
  • companion
    (同行者)
  • partner
    (連れ)

“escort” は、主に女性に付き添う際に使います。「護衛する」「警護する」という意味も持っています。

“companion” には、複数の意味があります。「仲間」「友達」「旅行などで偶然に知り合った連れ」「老婦人の話し相手」などです。

まとめ

以上、この記事では「同伴」について解説しました。

読み方 同伴(どうはん)
意味 一緒に連れたって歩くこと。特に、男女が連れたって歩くこと。
類義語 同行、随伴、差添など
英語訳 escort(女性に付き添う),companion(同行者)

「同伴」は、いわば簡単に言うとお供です。「お供」と聞くと、日本昔話で桃太郎が動物を連れて鬼ヶ島に行ったことを連想しますね。

類義語でも紹介した通り、「一緒に連れたって歩くこと」を指す表現は、日本語にも英語にも複数あるため、状況に合った熟語を使い分けましょう。

スポンサードリンク