こんがらがってない?「配付」と「配布」の違い

違いのギモン

日本語にはまぎらわしい同音異義語がたくさんありますが、「配付」と「配布」はそのうちのひとつだと思います。

そして、普段しゃべっている時にはこの2つの言葉の違いを意識しなくても大丈夫ですが、書面で書く時にはそうもいきません。それがビジネスライクな場面だったらなおさらです。

もし間違えた使いかたをしてしまうと、教養を疑われ、信用を失ってしまうかもしれません。

そこで、今回は「配付」と「配布」の違いを解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:細かい意味が違う

「配付」と「配布」はどちらも何かを配るという意味ですが、細かい意味は違います。

まず、「配付」とは確実に渡したい相手に手渡しで配ることです。

一方、「配布」とは広くいきわたらせるように配ることです。

「配付」をもっと詳しく

配付とは確実に渡したい相手に手渡しで配ることです。

そして、何かを配付したい時は、対象の人全員に知ってもらいたいものがある時です。

例えば、会議の資料を配る時には「配付」を使います。

ちなみに、配付の「付」には「手渡す」、「そこまで持っていく」という意味があります。

 

ただ、この使いかたは公文書などでは変わります。

公文書などでは、配付は特別な場合にしか用いられません。

ちなみに、配付が使われる場合は、「譲与税配付金特別会計」などと言った場合です。

そして、新聞でも公文書と同じように基本的に配付は使われません。

スポンサードリンク

「配布」をもっと詳しく

配布とは広くいきわたらせるように配ることです。

配布の対象は不特定多数であり、目的はできるだけ広い範囲の人に配ることです。

そして、配布は世間の人に広く知ってもらいたいことがある時に行われます。

例えば、新築のマンションの宣伝のためにティッシュを配る場合には、配布を使います。

 

そして、配布はあらかじめ配る対象の性別や世代が決まっている場合もありますが、その場合も特定の個人を対象に配っているわけではないので、配布です。

ちなみに、配布の「布」には「広くいきわたらせる」という意味があります。例えば、「布教」とは教えを広くいきわたらせることですよね。

 

ただ、このような使いわけは公文書の場合では変わります。

公文書では、基本的に「配布」が使われます。

そして、新聞社も配付をあまり使わず、「配布」に統一している場合が多いようです。

まとめ

以上、この記事では、「配付」と「配布」の違いについて解説しました。

  • 配付:確実に渡したい相手に手渡しで配ること
  • 配布:広くいきわたらせるように配ること

「配付」と「配布」にはこのような違いがあったんですね。もう間違えないようにしたいものです。

スポンサードリンク