「クーポン」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「クーポン」です。

「クーポン」の意味・使い方・語源・類義語について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「クーポン」とは?

クーポン(coupon):割引券

「クーポン」の意味を詳しく

「クーポン」は「割引券」というのが主な意味のカタカナ語です。特にチラシや冊子など印刷してあるものに「何パーセントオフ券」などと書かれています。それを切り取ってお店に持っていけば割引を受けることができる物のことを「クーポン」と言います。

スポンサードリンク

「クーポン」の使い方

  1. クーポンを使用したので20%OFFで購入できた。
  2. オンラインクーポンを使用したので、お得だった。
  3. 毎月の20日はクーポンが貰える。

「クーポン」を使用するのは、主にショッピングに関する場面です。特に商品がお得になっていたり、割引で購入可能になっていたりする時に使用します。

また、「クーポン」は名詞ですが「クーポンする」とは言いません。「クーポンを使う」「クーポンを利用する」というように使用することが一般的です。

また、冒頭で「クーポン」は紙から切り取って使用するものだとご紹介しました。しかしながら、スマホの普及により、スマホの画面を見せるだけで使用できるクーポンもあります。それを「オンラインクーポン」と言います。

「クーポン」の語源

「クーポン」の語源は英語の coupon です。カタカナ語と同じように割引を受けることができる券のことを指しています。また、「乗車券」という意味もあります。これは「切り取り切符」という意味で、日本語でいう「回数券」と同じような意味です。

さらに語源をたどると、フランス語になります。フランス語で「クーポン」は「割引券」という意味ではありません。「何か切り取られた1片」という意味です。

つまり「割引」という意味よりも、「切り取る」という動作の意味合いが強かったのです。

スポンサードリンク

「クーポン」の類義語

「クーポン」には以下のような類義語があります。

  • ディスカウント:割引
  • バウチャー:サービスの利用権
「ディスカウント」は「割引」という意味のカタカナ語です。英語のdiscountが語源です。この単語は「クーポン」と同じくらいよく使います。「クーポン」を使用することで「ディスカウント」を受けることができます。つまり割引を受けることができるのです。

実際に「ディスカウント」は様々な例で使用されます。「ディスカウント商品」「ディスカウントショップ」などという使い方をします。特に「ディスカウントショップ」は通常の価格よりも2割くらい安い値段で販売しているお店のことです。そのため、割引を求めてくるお客さんがたくさんいます。

「バウチャー 」は「サービスの利用権」という意味のカタカナ語です。英語のvoucherが語源です。「商品利用券」という意味もあります。この単語をよく使用するのは、ホテルを利用するときです。きちんとお金を払った時点で、お金を払ったという証明になる紙が発行されます。

この紙が支払い証明書になり、サービスを使ってもいいということを表します。この紙になるのが、「バウチャー」です。「バウチャー」の例文としては以下のようなものがあります。「バウチャーを発行する」「バウチャーを手に入れる」などです。

まとめ

以上、この記事では「クーポン」について解説しました。

英語表記クーポン(coupon)
意味割引券
語源英語の “coupon”
類義語ディスカウント、バウチャーなど

「クーポン」はとても身近なカタカナ語です。何か商品を買うときでも「クーポン」という単語を知っているかどうかで、お得に購入できるかどうか決まります。ぜひ覚えておきたい単語の1つです。

この記事を参考にして「クーポン」の意味や使い方を理解して、日常生活でもしっかり役に立てるようにしましょう。

スポンサードリンク