「恒常的(こうじょうてき)」の意味・使い方|「定常的」との違いも解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「恒常的」です。

言葉の意味・使い方・「恒常性」の意味・由来・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「恒常的」の意味をスッキリ理解!

恒常的(こうじょうてき):変化がなく、いつも一定であること・同じ状態がずっと続くこと

「恒常的」の意味を詳しく

「恒常的」とは、「変化がなく、いつも一定であること・同じ状態がずっと続くこと」という意味です。

「ある状態が一定で変わらないこと」や「同じことが繰り返し続くこと」を表します。

また、常に行われていることでなくても、一定のスパンで継続的に起こったり、行われりすることを「恒常的」と言い表すこともあります。

ポジティブな場面でも用いられますが、基本的にネガティブなニュアンスで用いられる言葉です。

「恒常的」の使い方

「恒常的」は以下のような使い方をすることが多いです。

  1. 恒常的な〇〇
  2. 恒常的に〇〇する
  3. 恒常的〇〇

「恒常的な〇〇」の使い方

「恒常的」は、後ろに名詞を付けて「恒常的な○○」という形で使われることが多いです。

「恒常的な〇〇」という表現が用いられる例文は以下のとおりです。

例文
  1. 恒常的な収入を得る方法を考えなければならない。
  2. 地球温暖化は、今でも世界における恒常的な課題である。
  3. 恒常的な残業で疲れがたまっている。
  4. 適切な工事を行うためには技術者と恒常的な雇用関係を持っている必要がある。
  5. 格差社会の是正には恒常的な対策が必要である。

「恒常的な収入」の意味

「恒常的な収入」とは、「不定期ではなく、定期的に安定して得られる収入」のことです。

たとえば、サラリーマンで毎月一定の収入がある場合は「恒常的な収入がある」状態と言えます。

「恒常的な課題」の意味

「恒常的な課題」とは、常にある課題のことです。

たとえば環境問題など、解決が試みられているものの、なかなか完全な解決ができず、常に課題になっているもののことを指します。

「恒常的な残業」の意味

「恒常的な残業」とは、毎日のように残業が続いている状態のことを表します。

「恒常的な雇用関係」の意味

「恒常的な雇用関係」とは一時的ではない、常に続く雇用関係のことです。

建設業法では、適切な工事を行うために、建築業者と主任技術者の間に「直接的かつ恒常的な雇用関係」が必要だとされています。

「恒常的な対策」の意味

「恒常的な対策」とは、常に続くような継続的な対策のことです。

「一定の水準以上の対策を継続する」というニュアンスで用いられることも多いです。

「恒常的に〇〇する/している」の使い方

「恒常的」は後ろに動詞をつける時には「恒常的に〇〇する」「恒常的に〇〇している」という形で用います。

「恒常的に〇〇する/している」という言い回しが用いられる例文は以下のとおりです。

例文
  1. カンニングなどの不正行為が恒常的に行われてきた証拠がある。
  2. 痛みは2,3日は恒常的に続くと思われます。
  3. 治安が悪い繁華街では事件が恒常的に発生する。
  4. 長い不景気の中で恒常的に成長している企業はまれだ。

「恒常的に行う」の意味

「恒常的に行う」とは、「常に、または定期的に行い続ける」ことです。

上記の❶の文章は「毎回のテストで、不正行為が行われていた」という意味です。

「恒常的に続く」の意味

「恒常的に続く」は「ある状態が変わらずに続いている」という意味です。

行動が定期的に行われている場合に使われることはまれです。

「恒常的に発生する」の意味

「恒常的に発生する」は「ある物事が定期的に発生する」という意味です。

「恒常的に成長する」の意味

「恒常的に成長する」は「常に成長する」という意味です。

「恒常的〇〇」の使い方

「恒常的〇〇」は〇〇が常に行われている状態を言います。

「恒常的な〇〇」とほぼ同じ意味です。

例文
  1. 恒常的環境破壊を止めるため、NPOが活動を開始した。
  2. 恒常的デフレにより、政府への不満が貯まっている。

「恒常性」の意味

「恒常的」に非常に近い言葉として「恒常性」という熟語があります。

「恒常性」とは、生物学用語のひとつで、「生体の内外の環境が変化しても生体の状態が一定に保たれるという性質」を意味します。

「生体の状態が一定に保たれる」とは、具体的には以下のようなものがあります。

  • 体温
  • 血圧
  • ウイルスなどの異物の排除
  • 血中濃度

たとえば、人間は体温が上がると、汗をかくことで体温を下げようとします。

ただし、この「恒常性」は生物すべてに備わっているわけではありません。

両生類や魚類は、自分で体温の調節ができないので、体温が高すぎる時は気温や水温が低い場所に移動したりして、体温を一定に保つ必要があります。

「恒常的」の由来

「恒常」の漢字には以下のような意味があります。

  • :いつも変わらないこと・久しいこと
  • :いつも同じで変わりがないこと・不変であること

どちらも「つね」と読み、同じような意味を持ちます。

「恒常」は、同じ意味の漢字を2回重ねてできた熟語です。

「恒常的」の類義語

「恒常的」には以下のような類義語があります。

  • 定常的(ていじょうてき):常に一定で変化がないこと
  • 慢性的(まんせいてき):ある状態が長期間改善されずに続いている状態
  • 持続的(じぞくてき):ある状態がずっと続く
  • 恒久的(こうきゅうてき):ずっと長く続き変わらないこと
  • 不変的(ふへんてき):いつまでもその状態が変わらないこと
  • 日常的(にちじょうてき):日常においてよく見られるさま。 普段よくあるさま
  • 永続的(えいぞくてき):物事がながく絶えることなく続くさま
  • 悠久(ゆうきゅう):果てしなく長く続くこと
  • 一定(いってい):ひとつに定まっていて変わらないこと
  • 安定的(あんていてき):安定している様子のこと
  • 不易(ふえき):時代が変わっていも変化しないこと
  • 不変(ふへん):変わらないである状態を保つこと
  • 平常(へいじょう):いつもと同じであること
  • ずっと:同じ状況が長く続いていること
  • 常に:どんな時でも
  • 常態的(じょうたいてき):いつもの
  • コンスタント:常に一定であること

「恒常的」と「定常的」の違い

「定常的」とは、「常に一定で変化がないこと」という意味です。

「恒常的」と「定常的」は意味が非常に似ていますが、以下のような違いがあります。

  • 恒常的:人間、環境などのある活動によって一定に保たれていること
  • 定常的:何もしなくても一定の状態が保たれていること

「恒常的」と「定常的」では一定に保たれている理由が異なるのです。

「恒常的」と「慢性的」の違い

「慢性的」とは、「ある状態が長期間改善されずに続いている状態」のことです。

「恒常的」と「慢性的」には以下のような違いがあります。

  • 恒常的
    • 主にビジネス・政治場面で用いられる
    • ポジティブな意味でも、ネガティブな意味でも用いられる
  • 慢性的
    • 主に医学関係で用いられる
    • ネガティブな意味でのみ用いられる

「恒常的」と「慢性的」では使われる場面とポジティブな意味で使えるかどうかが異なるのです。

「恒常的」と「持続的」の違い

「持続的」は「ある状態がずっと続く」という意味です。

「恒常的」と「持続的」には以下のような違いがあります。

  • 恒常的:ポジティブな意味でもネガティブな意味でも用いられる
  • 持続的:ポジティブな意味で用いられる

「恒常的」はネガティブな場面で用いられる場合がありますが、「持続的」はネガティブな場面では用いられないのです。

「恒常的」と「恒久的」の違い

「恒久的」は「ずっと長く続き変わらないこと」という意味です。

「恒常的」と「恒久的」には以下のような違いがあります。

  • 恒常的:続く期間が比較的短い
  • 恒久的:続く期間が比較的長い

「恒常的」と「恒久的」では続く期間が異なるのです。

「恒常的」の対義語

「恒常的」には以下のような対義語があります。

  • 一時的(いちじてき):しばらくの間だけであること
  • 限定的(げんていてき):一定の範囲に限られていること
  • 断続的(だんぞくてき):切れたり続いたりが続く状態のこと
  • 暫定的(ざんていてき):一時的にそうしておくこと
  • 例外的(れいがいてき):別扱いであること
  • 短期的(たんきてき):期間が短いこと
  • 瞬間的(しゅんかんてき):ほんの一瞬だけそうであること
  • 単発的(たんぱつてき):1回きりであること
  • スポット:単発であること

「恒常的」の英語訳

「恒常的」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • constant
    (絶え間ない)
  • constantly
    (常に)
  • invariable
    (変えられない)

まとめ

以上、この記事では「恒常的」について解説しました。

読み方恒常的(こうじょうてき)
意味変化がなく、いつも一定であること・同じ状態がずっと続くこと
由来「変わらずに続く」という意味の漢字
類義語不変的、恒久的、日常的、永続的など
対義語一時的、限定的、断続的など
英語訳constant(絶え間ない)など

ビジネス、医療などさまざまな分野で使われる言葉なので、この機会にしっかりと理解しておきましょう。