「陳謝(ちんしゃ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「陳謝(ちんしゃ)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「陳謝」の意味をスッキリ理解!

陳謝(ちんしゃ):事情や経緯についての説明を添えて謝ること

「陳謝」の意味を詳しく

「陳謝」とは、そこに至った事情や経緯を述べて謝ることです。「陳」には、「陳述」という言葉に代表されるように、「述べる」という意味があります。したがって、詫(わ)び言を添えて謝ることが「陳謝」なのです。

「謝罪」との違い

「謝罪」も、「陳謝」と同じく非を詫びることを指します。ただ、「謝罪」の方がより広い意味で使われます。

「謝罪」は、詫び言を添えて行われるものと、言葉に代わる手段で行われるものとの両方を指す言葉です。一方、「陳謝」は詫び言を添えて謝ることのみを指します。

そのため、「陳謝」を「謝罪」と言い換えることは出来ますが、その逆については注意が必要です。たとえば、ひたすら土下座をし続ける場合、謝罪ではありますが、詫び言を添えていないため、「陳謝」とは言えません。

スポンサードリンク

「陳謝」の使い方

  1. そのクラスでいじめが起きたことについて、注意不足だったと教員が陳謝した。
  2. 私どもの危機管理意識の低さがこのような事態を招きましたことを、陳謝いたします。

どちらの例文も、「注意不足」や「危機管理意識の低さ」が良くない結果を招いたという経緯を添えて謝罪しています。

「陳謝」の類義語

陳謝には以下のような類義語があります。

  • 深謝:心から深く詫びること

「深謝」の主な意味は「深く感謝すること」ですが、詫びることも指します。ただ、具体的な詫び言が添えられているとは限らないという点が「陳謝」との違いです。

スポンサードリンク

「陳謝」の英語訳

陳謝を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • apology
    (陳謝、謝罪)
  • apologize
    (陳謝する、謝罪する)

名詞形で「陳謝」と言う場合は “apology” を、動詞形で「陳謝する」と表現する場合は “apologize” と言いましょう。

それぞれの単語を用いた例文は、以下の通りです。

例文
  • An apology on his part made the quarrel to an end.
    彼が陳謝したことで、喧嘩は収まった。
  • I apologize for causing trouble due to my clumsiness.
    私の不手際で迷惑をかけたましたことを陳謝いたします。

まとめ

以上、この記事では「陳謝」について解説しました。

読み方 陳謝(ちんしゃ)
意味 事情や経緯についての説明を添えて謝ること
類義語 深謝
英語訳 apology, apologize

「すみません」や「ごめんなさい」と言うだけでは「陳謝」とは言えません。そこに至るまでの経緯についてきちんと詫び言を添えることが「陳謝」です。意味を履き違えないようにしましょう。

スポンサードリンク