「深謝 (しんしゃ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「深謝(しんしゃ)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「深謝」の意味をスッキリ理解!

深謝(しんしゃ):心から感謝または謝罪をすること

「深謝」の意味を詳しく

「深謝」には、2つの意味があります。

1つ目は「深く感謝すること」という意味です。「深謝」は主にこちらの意味で使われます。心からありがたいと思っているさまを表現しており、日常的な会話よりは、メールや文書などの改まった場で用いられることが多いです。

次に、2つ目は「心から詫びること」という意味です。「謝罪」よりも強い意味になります。1つ目の意味の場合と同様に、メールや文書などで書き言葉として使用されます。また、謝罪する際に持参する菓子折りの表書きに「深謝」と表記することもあります。

スポンサードリンク

「深謝」の使い方

  1. この度の不祥事につきまして、日頃から支援してくださる関係者に深謝致します。
  2. 事故が発生したために犠牲となってしまった方の遺族の方に対し、深謝申し上げる。
  3. 変わらぬご愛顧をいただいている顧客に対して、深謝の意を込めてキャンペーンを行った。
  4. ボランティアによる支援によって復興することができたことに対し深謝します。

①と②の例文は、「深謝」を謝罪の意味で用いています。一方、③と④の例文は、「深謝」を感謝の意味で使用しています。

「深謝」の類義語

「深謝」には以下のような類義語があります。

  • 感謝(かんしゃ):ありがたく思って礼をいうこと。
  • 拝謝(はいしゃ):つつしんで礼をいうこと。
  • 多謝(たしゃ):厚く礼を述べること。また、深くおわびすること。
  • 万謝(ばんしゃ):厚く感謝すること。また、深く詫びること。

「感謝」は、目上の人に対して謝意を伝える際にもっともよく用いられる表現です。

「拝謝」は、「感謝」の謙譲語です。目上の人に対して深い感謝を表す際に用いられますが、手紙の末尾表現である「敬具(けいぐ)」の代わりに用いられることもあります。

「多謝」「万謝」は、「深謝」と同様に 2つの意味を持つため、使い分けに注意しましょう。

 

また、謝罪の意味においては、「深謝」と似ている表現に「陳謝」があります。

ただ、両者の意味は異なります。「深謝」が「心から詫びること」を指すのに対して、「陳謝」は、「事情を述べて詫びること」を意味します。

スポンサードリンク

「深謝」の英語訳

「深謝」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • sincere apology for ~
    (〜に対する深い謝罪の意)
  • hearty thanks
    (心からの感謝)
  • deep thanks
    (心からの感謝)

「謝罪」の意味で用いるのか、それとも「感謝」の意味で用いるのかで英語訳をきちんと使い分けましょう。

まとめ

以上、この記事では「深謝」について解説しました。

読み方 深謝(しんしゃ)
意味 心から感謝または謝罪をすること
類義語 感謝、拝謝、万謝など
英語訳 sincere apology for ~, hearty thanks, deep thanks

「深謝」は、目上の人に対して感謝と謝罪の意を表す際に用いられる熟語です。場面に応じて意味を使い分けられるようになりましょう

スポンサードリンク