「チャネル」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「チャネル」です。

「チャネル」の意味、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「チャネル」の意味をスッキリ理解!

チャネル(channel):通路・伝達経路・ルート

「チャネル」の意味を詳しく

「チャネル」とは、通路・伝達経路・ルートことです。

ビジネス、ITなどのさまざまな場面で使われており、状況によって詳しい意味が分かれます。

具体的には、以下のような分野で使われています。

  • 構造物
  • ビジネス
  • IT
  • 生物
  • 情報

それぞれの分野における意味を詳しく見ていきましょう。

構造物としての「チャネル」の意味

「チャネル」には、「水路」という意味があります。

水を流すために作られた道であるため「チャネル」と言われています。

また、人工的な水路だけでなく、川底を指すこともあります。川底は、自然的に作られた水の通り道だと考えられます。

ビジネスにおける「チャネル」の意味

ビジネスにおいて「チャネル」は、以下のような意味で使われます。

  • 商品の流通ルート
  • 集客のための経路

工場などで作られた製品が消費者に届けられるまでの経路を「チャネル」と言います。「販売チャネル」と言われることもあります。

一般的には、メーカーから卸売業者、最後にショッピングモールなどの小売り店という流れで、商品が消費者に届けられることが多いです。

また、「チャネル」は、「集客のための経路」を表すこともあります。商品を知ってもらったり、欲しいと思ってもらったりするためにはPRが必要です。

Webサイトやホームページ、イベントなどが多いほど、商品やサービスの集客力は高まります。このお客の流入経路のことを「チャネル」と言うのです。

ITにおける「チャネル」の意味

ITにおける「チャネル」の意味は、以下の3つがあります。

  • テレビやラジオの周波数
  • ケーブル
  • データの通り道

「チャネル」とは、「テレビやラジオの周波数」のことです。「チャンネル」という言い方をされるのが一般的です。電波の通り道という意味合いから、このような周波数のことを指すようになったと考えられます。

また、「チャネル」は、「ケーブル」などの電気や信号を伝えるための物理的なコードのことを指します。

さらに、物理的なものだけではなく、コンピューターの内部にある、電気信号やデータの通り道を表すこともあります。

生物における「チャネル」の意味

「チャネル」は、「細胞間の物質輸送の際に、物質を選択的に通り抜けさせる通路」という意味で使われます。

一部の栄養素や物質のみに、細胞膜などの生体膜の通り抜けをさせることができるのです。

具体的には、イオンを通り抜けさせることで細胞の中に情報を伝える役目のタンパク質である「イオンチャネル」などがあります。

情報における「チャネル」の意味

「チャネル」は、「情報筋」「意志を伝達する方法」という意味で使われることがあります。

「情報の通り道」という比喩的な意味で使われていることがわかります。

自分が情報を手に入れるための経路や、逆に情報を発信するための経路を指します。

「チャネル」の使い方

「チャネル」には以下のような使い方があります。

  1. チャネルの確保ができなければ何も販売できない。
  2. イオンチャネルは生物に不可欠だ。

➊の「チャネル」は、「商品の流通経路」という意味で使われています。

➋の「チャネル」は、「細胞間の物質輸送の際に、物質を選択的に通り抜けさせる通路」という意味で使われています。

「チャネル」の語源

「チャネル」の語源は英語の “channel” です。

カタカナ読みをすると「チャネル」や「チャンネル」となります。

英語の “channel” には、以下のような意味があります。

  • 水路
  • 運河
  • 水管
  • テレビやラジオのチャンネル

「チャネル」の類義語

「チャネル」には以下のような類義語があります。

まとめ

以上、この記事では「チャネル」について解説しました。

英語表記チャネル(channel)
意味通路・伝達経路・ルート
語源「水路」という意味の英単語 “channel” から
類義語ルート

「チャネル」は、使われる分野によって意味が異なるので注意が必要です。この機会に、分野ごとの意味をしっかりと理解しておきましょう。