「所用(しょよう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「所用(しょよう)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「所用」の意味をスッキリ理解!

所用(しょよう):用いること・用事

「所用」の意味を詳しく

所用には様々な意味があり、代表的なものに用いること・用事・用件といった意味があります。所用は、「何かしないといけないことがある」と相手に伝える時に使用される表現です。

所用の「所」には、「~するところ、~するもの」といった意味があります。また、「用」には「働き、しなければならないこと」といった意味があります。

所用は主に、「用事」という言葉と同じ意味で使われます。その中でも特に、詳しい内容を話す必要が無い時や内容を隠しておきたい場合、また複数の用事が同時に入っている場合に使われる表現です。

 

また、所用はビジネスシーンで使われることが多い表現です。所用は用事のかしこまった表現ですが、所用は敬語表現ではありません。

ビジネスシーンでの使い方の具体例としては、欠席や遅刻などをする際の理由を書く場面があげられます。この際に「所用のため」と書くことで、用事があるということを丁寧に言い表すことが出来ます。

他にも、祝辞などを代理として読む際、初めの挨拶として「〇〇は所用のため、私が代読させていただきます。」という表現を使うことが出来ます。

所用という表現を使う際に、「所用〇〇」という形のように、所用の後に名詞がつながることはないという点には注意が必要です。

たとえば、用事や用件を処理する際に必要な時間を表す際に、「所用時間」という言葉を使うことがありますが、これは誤った表現です。正しくは、「所要時間」です。

「所用」の使い方

  1. 申し訳ありませんが、所用のため会議に出席できません。
  2. 所用する機械を点検する。

上記の一つ目の例文のように、所用という単語は「所用のため」という形で使われることが多いです。

また、「用いること」という意味で二つ目の例文のように、「何かしらの作業を行うための資材や人材」という意味でも使われます。

「所用」の類義語

所用には以下のような類義語があります。

  • 用件:用事・しなければいけないこと
  • 用事:用・しなければいけないこと
  • 用向き:仕事や用事の内容
  • 諸用:いくつかの用事

この中で「用件」は「ご用件」の形で敬語的に使われることが多い表現です。それに対して「用事」はラフな表現であり、関係性が近い相手に対して使われる表現です。

また、「用向き」は「所用」に対し、用事の内容を具体的に示す場面で使われます。

「諸用」は、「所用」が用事の数が一つであってもそれ以上であっても使える表現であるのに対して、いくつかの別々の用事が存在する場合にのみ使用できる表現です。

「所用」の対義語

所用には以下のような対義語があります。

  • 些事(さじ):つまらないこと
  • 月夜に提灯(つきよにちょうちん):必要ないもの、役にたたないもの

所用には、「やらなければならないこと」と言う意味があるのに対して、上記の二つは「不要なもの、役にたたないもの」という意味の表現になっています。

「所用」の英語訳

所用を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • business
    (所用)
  • engagement
    (所用)
  • something else to do
    (所用)

“business” は一般的に「仕事・職務」という意味で使われることが多い単語ですが、「用事・所用」という意味もあります。

また、「所用がある」という表現は英語では “to attend to some business” という形で表現することが出来ます。同様に、「所用で休む」という表現は “take personal leave” という表現になります。

まとめ

以上、この記事では「所用」について解説しました。

読み方所用(しょよう)
意味用いること・用事
類義語用件・用事・用向きなど
対義語些事・月夜に提灯
英語訳business(所用)・appointment(所用)など

このように、所用は用事という意味で使われることが多い表現です。ビジネスシーンで必要になることが多い表現のため、意味や使い方を正確に覚えましょう。