「忘却の彼方」の意味とは?使い方から英語訳まで例文付きで解説

言葉

「忘却の彼方」とは「すっかり忘れる」という意味です。

小説を読んでいて、「忘却の彼方」を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

ただ単に「忘れる」と表現するのと、何が違うのだろうと疑問を抱きますよね。

この記事では「忘却の彼方」の意味や使い方を解説します。

「忘却の彼方」の意味

忘却ぼうきゃく彼方かなた

すっかり忘れる

「忘却の彼方」は、以下の2語から成り立っています。

  • 忘却
    「忘れる」という意味を強調したもの
  • 彼方
    離れた場所や方向

「忘却」が「彼方」を強調して、「綺麗さっぱり忘れること」を表します。

そのため、「忘れる」という意味の強さは以下のような順番になります。

「忘れる」の意味の強さ
忘却の彼方>忘却>忘れる

ここからは「忘却」と「彼方」の意味をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

「忘却」の意味

忘却ぼうきゃく

すっかり忘れる

「忘却」とは「すっかり忘れる」「忘れ去る」という意味です。

「忘却」をさらに分解すると以下のような意味があります。

  • :記憶がなくなる。忘れる
  • :すっかり〜してしまう

つまり、「忘却」は「忘れる」の意味を強調した表現なのです。

「彼方」の意味

彼方かなた

  1. 離れた場所や方向。現在から遠く離れた時間
    例:彼方の風景
  2. ものに隔てられて見えない場所・側(がわ)
    例:この海の彼方

「彼方」には2つの意味があります。

「忘却の彼方」の「彼方」は、「話し手からも聞き手からも遠く離れた時間」という意味です。

「忘却の彼方」の使い方

「忘却の彼方」は書き言葉で用いられることが多く、以下のような場面でよく使います。

  • 歌詞
  • 小説

「忘却の彼方」は、日常会話ではほとんど使いません。

「忘却の彼方」は文語的な表現であるため、年配の人がよく使う言葉だと思われがちですが、年齢を問わず使うことができます。

「忘却の彼方」のよくある言い回しは、以下のようなものがあります。

よくある言い回し
  • 忘却の彼方になる
  • 忘却の彼方に(へ)消え去る
  • 忘却の彼方に葬る
  • 忘却の彼方に追いやる
  • 忘却の彼方に押しやる

「忘却の彼方」の例文

「忘却の彼方」の例文には以下のようなものがあります。

例文
  1. ここにいると、慌ただしい日々のストレスも忘却の彼方だ。
  2. あの戦争も、今では忘却の彼方になった。
  3. あれから随分時間が経ったので、彼と過ごした日々は忘却の彼方に消え去ってしまった。
  4. この悲惨な事件のことは、何年経っても忘却の彼方に追いやってはならない。
  5. 嫌な記憶ほど忘却の彼方に葬りたいと思うのに、なかなか消えてくれない。
ゲームのBGMのタイトルにも使われている

ゲーム『ファイナルファンタジーXIV』に、「忘却の彼方」というタイトルのBGMがあります。

「忘却の彼方」の誤用

「忘却の彼方」は、「それまで覚えていた記憶についてのみ」に使います。

そのため、「忘却の彼方」は、「忘れる前も知らなかったこと」に対しては使いません

誤用の例文を見てみましょう。

誤用
  1. 知らない曲の歌詞が忘却の彼方になった。
  2. 私がいない間に言っていたらしいことを忘却の彼方にしてしまった。

「忘却の彼方」の類義語

「忘却の彼方」には以下のような類義語があります。

  • 忘れる
  • 打ち忘れる
    すっかり忘れる
  • 忘却する
    すっかり忘れる
  • 失念(しつねん)
    うっかり忘れる
  • 忘失(ぼうしつ)
    すっかり忘れる。忘れてなくす
  • ど忘れ(する)
    それまで覚えていたものを思い出せなくなること
    ※「ド忘れ(する)」とも書く
  • 思い出せない
  • 思い出せなくなる
  • 記憶喪失(そうしつ)になる
    障害によって、過去の経験を思い出せなくなる
  • 記憶を無くす
  • 記憶に無(な)くなる
  • 記憶が失われる
  • 飛ぶ
    つながっていたものが急に切れる
  • 記憶が飛ぶ
    それまで覚えていたものを思い出せなくなる
  • 記憶が吹っ飛ぶ
    それまで覚えていたものを思い出せなくなる
  • 覚えがなくなる
    ものを忘れること
  • 頭から消える
    ものを忘れること
  • シナプスが繋がらない
    ものを忘れる

特に意味が似ている類義語との違いを見ていきましょう。

「忘却の彼方」と「失念」の違い

「忘却の彼方」と「失念」には以下のような違いがあります。

忘却の彼方失念
意味すっかり忘れるうっかり忘れる

「忘却の彼方」と「失念」は、意味が異なります

「忘却の彼方」は、「忘れていることも忘れるほど、綺麗さっぱり忘れる」という意味です。

一方、「失念」は「覚えていなければならないことを、うっかりして忘れる」という意味です。

「忘却の彼方」と「忘失」の違い

「忘却の彼方」と「忘失」には以下のような違いがあります。

忘却の彼方忘失
意味すっかり忘れるすっかり忘れる。忘れてなくす

「忘却の彼方」と「忘失」は、「忘れてなくす」という意味をもつかどうかが異なります

「忘却の彼方」の対義語

「忘却の彼方」には以下のような対義語があります。

  • 思い出す
    過去のことや忘れていたことを心によみがえらせる
  • 記憶する
    過去のことを忘れずに心に残しておく
  • 想起(そうき)
    思い出すこと

「忘却の彼方」の英語訳

「忘却の彼方」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • passed from〜
    (〜から消え去る)
  • oblivion
    (忘却)
  • beyond oblivion
    (忘却の彼方)
  • forgetting
    (忘却)

上記の英語表現を使った英文は以下のようなものがあります。

  • The scandal passed from public notice.
    (あのスキャンダルは世間の忘却の彼方になった)
  • The memory with my boyfriend passed into oblivion.
    (彼との思い出は忘却の彼方に消え去った)

「忘却の彼方」のまとめ

以上、この記事では「忘却の彼方」について解説しました。

読み方忘却の彼方(ぼうきゃくのかなた)
意味すっかり忘れる
類義語忘れる
打ち忘れる
忘却する など
対義語思い出す
記憶する
想起
英語訳passed from〜(〜から消え去る)
oblivion(忘却)
beyond oblivion(忘却の彼方) など

この記事で学んだことは「忘却の彼方」にせず、しっかりと覚えておいてくださいね。

ABOUT US

間山智賀
間山智賀
自称、誤字キラー。 Web記事でも誤字脱字を見逃しません。言葉が大好きです。 大学では言葉遊びについて研究していました。マイブームは日本語ラップを聴くこと。