「アテンド」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アテンド」です。

「アテンド」の意味・使い方・語源・訳し方についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「アテンド」とは?

アテンド(attend):付き添ってお世話をすること、または介添人

「アテンド」の意味を詳しく

「アテンド」とは、「世話をすること」「付き添う人」という意味を表す言葉です。

由来は英語の自動詞である“attend”にありますが、英語の“attend”とカタカナ語の「アテンド」とでは違った意味で使われるので注意が必要です。

  • アテンド
    • 〜に付き添う
    • 〜のお世話をする
  • “attend”
    • 〜に出席する
    • 〜に参加する

上記のように、カタカナ語の「アテンド」は「誰かの側に立って世話をする」という意味で使われます。

しかし、英語の“attend”は「〜に出席する」という意味で使われています。

英語の本来の意味と日本語のカタカナ語とでは、意味合いが微妙に違うということですね。

なお、「アテンド」のように、同じ読みでも英語とカタカナ語とで意味が違う言葉のことを「和製英語」と言います。

和製英語は日本独自の言葉ですので、海外で使う際には注意が必要です。

 

ちなみに、由来となった“attend”も以下のようなかたちで使われる場合は、カタカナ語の「アテンド」と同じような意味になります。

  • “attend on〜”:~を世話する
  • “attend to〜”:~に意識を向ける

つまり、日本でよく使われるアテンドは、“attend (〜に出席する)”ではなく、“attend on(~を世話する)”と“attend to(~に意識を向ける)”の意味合いで使われているということですね。

スポンサードリンク

「アテンド」の使い方

  1. 明日は当社のお得意様をアテンドする予定が入っている
  2. ガイドの人にアテンドしてもらったので、道に迷うことはなかった
  3. 昨日の大学のイベントで、アテンドスタッフの手際は実に素晴らしかった

「アテンド」は、由来となった“attend”が幅広い意味を持っているため、文脈によって意味合いが変わってきます。

まず、①の「アテンド」は業務上で誰かの付き添いをするということで、自然に訳すと「〜を接待する」になります。

次に、②の「アテンド」は道案内に付き添ってもらうということで、「〜に案内する」という訳が自然になります。

最後に、③の「アテンド」は施設内の案内やイベント運営を行うということで、「〜の段取りをつける」という意味合いとなります。

 

このように、「アテンド」は文脈によって意味合いが変わってきますが、「〜に意識を向ける」という点では全て同じです。

つまり、意識を向けた先が何であるのかによって、自然な訳が変わってくるということですね。

「アテンド」の語源

日本でよく使われる「アテンド」は、英語の自動詞である“attend”から来ています。

“attend”は大学入試や英単語帳では、「〜出席する」「〜に参加する」などと訳されることが多いです。

しかし、実は後ろに“on”や“to”などの前置詞が付くことで別の意味になることから、本来は多様な訳し方ができる言葉です。

  • “attend at〜”:~に参加する
  • “attend on〜”:~に付き添いをする
  • “attend to〜”:~に注意する

 

なお、英語の“attend”はラテン語の「~へ向ける」に由来があります。

そのせいか、「アテンド」と“attend”は意味合いが微妙に違う中で、「〜に意識を向ける」という点だけは共通しています。

アテンドの正確な意味は、真の語源であるラテン語まで遡さかのぼることで正確に理解できるということですね。

スポンサードリンク

「アテンド」の訳し方

カタカナ語の「アテンド」は、「〜のお世話をする」のような動詞的な訳し方と、「付添人」のような名詞的な訳し方ができます。

多様なシチュエーションで使えることから便利な言葉といえますが、その分、人によっては混乱を招くことも珍しくありません。

そこで、アテンドの訳し方について、「①名詞」と「②動詞」の2つの側面からまとめていきます。

アテンドの訳し方

  1. 名詞
    • 案内人
    • 付添人
    • 随行者
    • 世話役
    • 補佐役
  2. 動詞
    • 〜のお世話をする
    • 〜の接待をする
    • 〜の段取りをつける

まとめ

以上、この記事では「アテンド(attend)」について解説しました。

英語表記アテンド(attend)
意味付き添ってお世話をすること、または介添人
語源英語の自動詞である“attend”
訳し方①名詞:案内人、付添人など
②動詞:〜のお世話をする、〜の接待をするなど

大学受験で英単語帳を使っていた人の多くは、アテンドを「〜に出席する」という意味で覚えていたと思います。

しかし、英語ではなくカタカナ語として使う場合には別の意味になりますので、今後は注意していきたいですね。

スポンサードリンク