「アンバサダー」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アンバサダー」です。

「アンバサダー」の意味や使い方、語源、例についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「アンバサダー」とは?

アンバサダー(ambassador)企業や自治体に任命されて、宣伝などの活動を行う人

「アンバサダー」の意味を詳しく


「アンバサダー」とは、企業や自治体に任命されて、企業の製品やサービス・観光地の宣伝活動を行う人のことです。

テレビなどで、「人気俳優が〇〇市の観光大使に任命された」といったニュースを見たことがある人も多いと思います。この観光大使も、「アンバサダー」の一種です。

「アンバサダー」は、契約した企業の製品や観光地の宣伝などを、私生活の中で行います。CMや街頭広告などの宣伝とは異なり、口コミやSNSを利用するので、より直接的な宣伝を行うことができます。

「アンバサダー」として企業に協力すると、製品や優待券ををもらえるなど、様々な特典があることも多いようです。

スポンサードリンク

「アンバサダー」の使い方

「アンバサダー」は、文中では以下のように使われます。

  • 最近人気の俳優を、自社製品のアンバサダーとして任命する。
  • 好きな時計メーカーがアンバサダーの募集をしているのを見かけ、応募した。

「アンバサダー」の語源

「アンバサダー」は、英語の”ambassador”という単語が由来になっています。一般的には、その国を代表して他国に出向く、外交の「大使」を意味する単語です。

日本語で「アンバサダー」と使われる際には、そういった意味は含まれません。

スポンサードリンク

「アンバサダー」の例

以前は、俳優や芸能人などの著名人が「アンバサダー」を務めるのが一般的でしたが、最近は「アンバサダー・マーケティング」という手法が生まれ、一般人も企業の「アンバサダー」として活動できるようになりました。

アンバサダー・マーケティング

「アンバサダー・マーケティング」とは、その企業や製品への思い入れが深い顧客を「アンバサダー」に任命し、知人への口コミを通じて知名度を上げていくマーケティング手法です。

大きな特徴として、「アンバサダー」に任命されるのは一般の消費者がメインだという点があります。

テレビのCMを見ただけでは、記憶には残っても買う気が起きないこともあると思います。しかし、その製品を親しい友人から自分の体験と共に勧められたら、「自分も試してみようかな」という気持ちになりやすいですよね。この心理を利用したのが「アンバサダー・マーケティング」です。

似た手法の一つに「インフルエンサー・マーケティング」があります。「インフルエンサー」とは、SNSでフォロワーが多かったりと、世間に対し影響力・発信力のある人物のことです。「インフルエンサー」に宣伝を行ってもらうことで、その人のファンに製品を知ってもらうことができます。

「インフルエンサー」と違い、「アンバサダー」は有名人である必要はありません。一度に多くの人に届けることはできませんが、「アンバサダー」がその製品のファンであることで、ただの広告よりも気持ちがこもり、より濃い宣伝を行うことができるのです。

また、「インフルエンサー」よりも「アンバサダー」のほうが身近な存在です。そのため、製品について質問の質問に答えられたり、ファンであるために知識が深かったりと、新しい顧客に対してより濃く製品の良さを伝えることができます

まとめ

以上、この記事では「アンバサダー」について解説しました。

英語表記 アンバサダー(ambassador)
意味 企業や自治体に任命されて、宣伝などの活動を行う人
語源 英語で「大使」を意味する”ambassador”より
アンバサダー・マーケティング

アメリカで始まった「アンバサダー・マーケティング」は、現在徐々に日本でも広まってきています。ネットで「アンバサダー」を募集している企業も多く存在しているので、誰でも気軽に応募できます。選考がある企業もありますが、登録のみでよい企業もあります。

ぜひ、自分の好きな企業が「アンバサダー」を募集しているか調べてみてください。

スポンサードリンク