「あくまでも」の意味とは?漢字は?類語から英語まで例文付きで解説

言葉

「あくまでも」とは「どこまでも、徹底的に」という意味です。

日常的に使われる言葉ですが、意味が抽象的なため正確な理解は難しいですよね。

この記事では三つの意味にわけてわかりやすく解説しています。

「あくまでも」の意味

あくまでも

どこでも、徹底的に

「あくまでも」は「貫き通すこと」を表します。

「あくまでも」は、漢字で「飽く迄も」と表記します。

抽象的な意味を持ちますが、日常生活では大きく分けて三つの意味で使われます。

  1. 限定的であることを強調するさま
  2. 物事を最後までやりとおすさま
  3. とどまることなく続くさま

以下、それぞれの意味を詳しく解説します。

意味①:限定的であることを強調するさま

ひとつ目の意味は、「限定的であることを強調するさま」です。

「あくまでも」の意味の中で、日常生活で最も使われる頻度が高いものです。

「あくまでも」は、続く言葉がどこまでいってもその範囲を出ないことを表現します。

 

たとえば、「あくまでも個人的な意見ですが」では、その意見が個人の意見であることを強調できます。

この意味を誤用だという人もいましたが、現在では広く使われており、正式な意味として認知されています。

意味②:物事を最後までやりとおすさま

二つ目の意味は、「物事を最後までやりとおすさま」です。

「あくまでも~します」「あくまでも〜するつもりはありません」など、強い意志を持っていることを表現します。

決意表明として使われる言葉です。

意味③:とどまることなく続くさま

三つ目の意味は、「とどまることなく続くさま」です。

他の二つの意味と比べて、使われる頻度は少ないですが、詩的な表現として用いられます。

たとえば、「あくまでも澄んだ海」で「澄んだ海がどこまでも続いている様子」を表します。

「あくまでも」と「あくまで」

「あくまでも」と「あくまで」は同じ意味の言葉ですが、より強調したいときには「あくまでも」を使います。

どちらも正しい表現として使われています。

「あくまでも」の使い方

「あくまでも」の使い方を、意味別に詳しく見ていきましょう。

「あくまでも」の使い方
  1. 「限定的であることを強調するさま」という意味での使い方
  2. 「物事を最後までやりとおすさま」という意味での使い方
  3. 「とどまることなく続くさま」という意味での使い方

①「限定的であることを強調するさま」という意味での使い方

「限定的であることを強調するさま」という意味の「あくまでも」は、自分の意見を述べる際に使われることが多いです。

  1. その件につきましては、あくまでも口約束にすぎないので、その点ご了承いただくようお願い申し上げます。
  2. あくまでも個人的な意見ですが、もう少しだけ塩を多くしたらより美味しくなると思います。

「あくまでも〇〇です」「あくまでも〇〇ですが」という言い回しで使う場合が多いです。

②「物事を最後までやりとおすさま」という意味での使い方

「物事を最後までやりとおすさま」という意味の「あくまでも」は、決意表明に使われることが多いです。

  1. いくらお金を積まれたって自分のポリシーに反することはせず、あくまでも社会貢献につながる仕事だけを請ける。
  2. 野球部での三年間は、あくまでも勝ちにこだわり続けて練習に励んだ。

「あくまでも〇〇する」「あくまでも〇〇するつもりはありません」という言い回しで使う場合が多いです。

③「とどまることなく続くさま」という意味での使い方

「とどまることなく続くさま」という意味の「あくまでも」は、詩的な表現として使われることが多いです。

  1. あくまでも透明な青を前にして、僕はゆっくり握りこぶしをほどいた。
  2. 夜空はあくまでも群青に染まり、星のひとつの輝きすら見つけられなかった。

「あくまでも〇〇」という言い回しで使う場合が多いです。

「あくまでも」のビジネスシーンでの使い方

「あくまでも」は、敬語表現ではありませんが、堅い表現なので目上の人に対しても使用することができます。

後ろに続く文章を敬語表現にして使用します。

  • あくまでも〜ですが
  • あくまでも〜です
  • あくまでも〜にすぎませんが
特に、「あくまでも〜にすぎませんが」で「限定的であることを強調する」意味として使われることが多いです。

例文
あくまでも学生の意見にすぎませんが、一考の余地はあるかと存じます。

「あくまでも」の由来

「あくまでも」は、漢字で「飽く迄も」と表記します。

「飽」という漢字は「飽きるまで」「どこまでいっても」「とことん」という意味を持ちます。

つまり、「飽く迄も」で「飽きるまで徹底的に」という意味合いとなります。

そこから転じて、「あくまでも」が「どこまでも・徹底的に」という意味で使われるようになりました。

「あくまでも」の類義語


「あくまでも」には以下のような類義語があります。

②「物事を最後までやりとおすさま」という意味の類義語

  • 徹底的(てっていてき)に
    余すところなく、すみずみまで
  • 頑(がん)として
    融通がきかない、かたくなに
  • 何が何でも
    たとえどんなことがあったとしても
  • 断固(だんこ)として
    非常に意志が強いさま
  • 草の根を分けても
    あらゆる方法を尽くして
  • 徹頭徹尾(てっとうてつび)
    最初から最後まで
  • 初志貫徹(しょしかんてつ)
    初めに心に決めた志を最後まで貫き通すこと
  • 絶対に
    どうしても、決して

③「とどまることなく続くさま」という意味の類義語

  • どこまでも
    その状態や行為が際限なく続くさま、ずっと先まで
  • とても
    程度が大きいこと
  • 非常に
    はなはだしいこと

「とどまることなく続くさま」という意味の類義語には「どこまでも」などがあります。

「どこまでも」は「その状態や行為が際限なく続くさま、ずっと先まで」という意味です。

「あくまでも」の英語訳

「あくまでも」を英語に訳すと、次のような表現になります。

①「限定的であることを強調するさま」という意味の英語訳

  • just
    (あくまでも参考)
  • only
    (あくまでも目安)
例文

The  highlights display is for reference only.

(ハイライトはあくまでも参考です。)

②「物事を最後までやりとおすさま」という意味の英語訳

  • stick to
    (意見を変えない)
  • to the end
    (最後までやり抜くさま)
  • persistently
    (最後までやり抜くさま)
  • to the last
    (最後まで)
例文

In order for this system to truly take root, you will need to continue to persistently take action.

(この仕組みが本当に根付くためには、とことん行動を起こし続ける必要がある。)

③「とどまることなく続くさま」という意味の英語訳

  • so
    (とても)
  • very
    (とても)
例文

The night sky was so blue that I couldn’t even find a star.

(夜空はあくまでも群青に染まり、星のひとつの輝きすら見つけられなかった。)

「あくまでも」のまとめ

以上、この記事では「あくまでも」について解説しました。

読み方あくまでも
意味どこまでも、徹底的に
由来飽く迄も
類義語徹底的に、頑として、何が何でもなど
英語訳just(あくまでも参考)、only(あくまでも目安)、stick to(意見を変えない)

相手に意思を伝える際に便利な言葉です。ぜひ使ってみましょう。

ABOUT US

シェスカ
シェスカ
公的文章に詳しい大学院生。 学術論文や特許の執筆を得意としています。 スッキリではその知識を活かし、専門用語の解説を担当しています。