「アドバンテージ」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アドバンテージ」です。

「アドバンテージ」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「アドバンテージ」とは?

アドバンテージ(advantage):有利な立場

「アドバンテージ」の意味を詳しく

「アドバンテージ」は、「有利」「有利な立場に立つ」という意味のカタカナ語です。何かと比べて、相対的に秀でていたり、優れていたりすることが「アドバンテージ」です。

「アドバンテージ」の大きな意味として、ビジネス用語とスポーツ用語があります。ビジネス用語の場合、「他社と比べて優れている」という意味です。一方、スポーツ用語は、テニスや卓球で使用されます。

 

「デュース」という、同点を表すカタカナ語があります。そのときには、2点続けて得点しなければ、勝つことができません。先に1点を取って、相手より勝利に近づいているとき、「アドバンテージ」と言います。

スポーツ用語で「アドバンテージ」が使用される場合、テニスや卓球のルールを知らなければなりません。

スポンサードリンク

「アドバンテージ」の使い方

  1. 他社と比較して、我々の方がアドバンテージを持っている。
  2. タイブレークからアドバンテージになって、優勢だ。
  3. 沖縄県は観光資源というアドバンテージを持っている。

「アドバンテージ」を使用するのは、比較を行うときです。何かと比べて、秀でていることを表したいときに「アドバンテージ」を使います。

具体的には、「アドバンテージを保つ」や「アドバンテージを取る」というような使い方をします。「アドバンテージだ」というような使い方はあまりしないので注意しましょう。

 

①の例文は、ビジネスに関する例文です。ある業界の中で、他社と比較して何か有利な状況を表します。具体的には、売り上げや満足度などが他社よりも高いときに使います。

②の例文は、スポーツに関する例文です。「タイブレーク」は、「デュース」と同じ意味です。「同点」という意味を持っています。そこから1点取って有利になるという状況を表しています。

③の例文は、観光に関する例文です。「アドバンテージ」は、企業や個人だけではなく、場所の比較にも使用することができます。この例文は、沖縄県を他の都道府県と比べた時の状況を表します。他の県より観光をするためのものが豊富という意味です。

「アドバンテージ」の語源

「アドバンテージ」の語源は、英語の “advantage” です。「有利」「好都合」「長所」という意味です。カタカナ語の「アドバンテージ」と同じ意味や使い方です。

スポンサードリンク

「アドバンテージ」の類義語

「アドバンテージ」には以下のような類義語があります。

  • ベネフィット:利益
  • リード:秀でる

「ベネフィット」は、利益という意味のカタカナ語です。他の物や事と比べて、何か良い利点があるという意味です。よく、「ベネフィットがある」や「ベネフィットを得る」という形で使用します。

「コスト」とセットで使用されるので覚えておきましょう。「コスト」とは、「費用」という意味です。

 

「リード」は、「秀でる」という意味のカタカナ語です。他者に対して、一歩進んでいるという状況を意味します。「リードする」や「リード状態」というように使用します。「アドバンテージ」と非常に意味が似ていて、「リード」に言い換えられることも多いです。

まとめ

以上、この記事では「アドバンテージ」について解説しました。

英語表記アドバンテージ(advantage)
意味有利な立場
語源英語の “advantage”
類義語ベネフィット、リードなど

しっかりと理解を深めることも重要です。この記事で、「アドバンテージ」の意味や使い方をしっかりと理解して、日々の生活に役立てるようにしましょう。

スポンサードリンク