「精算」と「清算」の違いとは?成算は?意味から使い方まで解説

違いのギモン

精算は「金額を細かく計算する」、清算は「過去の関係を解消する」という意味です。

精算と清算はどちらも「せいさん」と読むため、どちらを使ったら良いかわからなくなることはありませんか?

そこで、この記事では精算と清算の違いから、それぞれの詳しい意味までわかりやすく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「精算」と「清算」の違い

精算と清算は以下のように意味が異なります。

  • 精算
    金額を細かく計算する
  • 清算
    過去の関係を解消する

精算はお金に重点を置いた表現で、清算は関係性に重点を置いた表現なのです。

次は、精算と清算が使われる場面について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

「精算」が使われる場面

精算は具体的には以下のような場面で用いられます。

  • 金額を計算する時
  • 会社の経費を立て替えた時

精算はビジネスの場面で用いられることが多い表現と言えます。

立て替えをしている時、会社は後から労働者にお金を支払う必要があります。

そのため、清算を使うのではないかと考えてる方もいるかもしれません。

しかし、実際には精算を使うので注意しましょう。

「清算」が使われる場面

清算は具体的には以下のような場面で用いられます。

  • 借金を完済する時
  • 会社が解散し、財産関係を整理する時
  • これまでの関係にけじめをつける時

清算は法律が関係する場面で用いられることが多いです。

たとえば、借金であれば借りている人は貸している人に返済の義務がありますので、返済によりその義務を解消することを清算と言います。

また、清算はお金以外の場面でも用いることがあり、さまざまな場面でけじめをつける時に用いられます。

「精算」の意味

精算せいさん

金額を細かく計算すること

例:出張の経費を精算する。

「精算」の使い方・例文

精算は以下のように用いられます。

  1. 運賃を精算する。
  2. 今日の代金については、後日精算します。
  3. レジで精算をお願いします。
  4. 駐車料金を精算したら思ったよりも高かった。
  5. 飲み会の幹事は代金の精算も仕事のうちだ。

精算はお金に関する場面で用いられることがわかります。

「精算」の漢字の意味

精算の「精」はもともと、きれいにぬかを取った米のことを表した漢字で、ここから「細かい」という意味になりました。

一方、「算」は竹、貨幣、両手をそれぞれ表す部分が組み合わされた漢字で、竹の棒を両手で数えることから、計算するという意味が生まれました。

「清算」の意味

清算せいさん

  1. お互いの貸し借りを計算して決着をつけること
    例:借金を清算する。
  2. 法人や団体が解散した時に財産関係を整理すること
    例:会社の財産を清算する。
  3. これまでの関係に決着をつけること
    例:過去を清算する。

清算がお金関係の意味を表す時には、法律がからんでいる場合が多いです。

また、清算は過去に決着をつけるというお金以外の場面でも用いられます。

「清算(せいさん)」とは?意味や使い方から英語まで例文付きで解説

「清算」の使い方・例文

清算は以下のように用いられます。

  1. たまりにたまった借金をついに清算できた。
  2. 嫌な過去を清算できてスカッとした気分だ。
  3. 失敗を清算して心機一転頑張る。
  4. 会社の解散にあたって、清算人を雇った。
    ※清算人:法人の解散で財産の清算を行う人
  5. 人間関係の清算は慎重に行うべきだ。

「清算」の漢字の意味

清算の「清」は流れる水を表す「氵(さんずい)」と、青を組み合わせて、水がよく澄んでいる様子を表す漢字です。

「算」は先程も解説したように、竹、貨幣、両手をそれぞれ表す部分が組み合わされた漢字で、竹の棒を両手で数えることから、計算するという意味の漢字です。

「精算」と「清算」の対義語

精算と清算の対義語としては、以下のような言葉が挙げられます。

  • 概算(がいさん)
    おおまかに計算すること

「成算」の意味

精算と清算の同音異義語に成算が挙げられます。

成算は「物事が成功する見込み」のことです。

たとえば、「私には、社長になる成算があります」などと用いられます。

成算の詳しい意味については、以下の記事で詳しく解説しています。

「成算」の意味とは?使い方から類義語まで例文付きでわかりやすく解説

「精算書」と「清算書」

精算書とは、お金を細かく計算する時に用いる書類です。

精算書には、お金を使った目的と、お金の内訳を細かく記入します。

一方、清算書はお金の受け渡しを証明する書類のことです。

清算書は法律が関係する場面で用いることが多いです。

「精算」と「清算」の違いのまとめ

以上、この記事では、精算と清算の違いについて解説しました。

  • 精算
    金額を細かく計算する
  • 清算
    過去の関係を解消する

精算と清算は社会人として生活しているとよく見かける言葉です。

使い間違えないように気をつけていきたいですね。

ABOUT US

和佐 崇史
和佐 崇史
文章を書くこと、読むことが大好きな大学生です。中学2年生で漢検2級を取得するなど、言葉については詳しい自信があります。Webライターとしてはこれまで累計1,000記事以上を執筆してきました。