「アジャスト」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アジャスト」です。

「アジャスト」の意味・使い方・語源・類義語・対義語についてわかりやすく解説します。

「アジャスト」の意味をスッキリ理解!

アジャスト(adjust):調節、調整

「アジャスト」の意味を詳しく

「アジャスト」は「調節」「調整」という意味のカタカナ語です。

たとえば、週末に友人と一緒にゴルフに行く予定があったとします。しかし、突然仕事が入ってゴルフをキャンセルしなければなりませんでした。

ゴルフの日程を別の日にすることを、「アジャスト」を使って表現できます。この場合だと、「日程をアジャストする」と言います。

また、特定の場面しか使いませんが「アジャスト」には以下のような意味があります。ほとんど使用しません。

  • 関節の動かせる位置を改善する
  • 臨機応変にプレイする
  • 調整ネジ
  • エネルギーの流れる方向を変える

「関節の動かせる位置を改善する」の意味

「関節の動かせる位置を改善する」というのは、整体やカイロプラクティックで使用する意味です。整体というのは、骨の位置などを修正して健康な状態にすることですが、その骨の位置を改善して、関節の動かせる位置を改善させることを「アジャスト」と言います。

「臨機応変にプレイする」の意味

スポーツでは「臨機応変にプレイする」という意味で「アジャスト」を使用します。たとえば、野球やバスケなどのスポーツです。対戦相手によって体格や戦略が違いますよね。それで相手に合わせてこちらもプレイスタイルを変えることです。

「調整ネジ」の意味

「調整ネジ」で使う場合は、「アジャストスクリュー」の略称として用いられます。たとえば、自転車です。ブレーキなどを調節する働きをするネジのことです。

「エネルギーの流れる方向を変える」の意味

ヨガでは、「エネルギーの流れる方向を変える」という意味になります。ヨガはポーズを取る場合がほとんどで、その時に身体の一定の方向にエネルギーが流れます。このエネルギーの流れを変えてあげて、身体の負担を軽減して怪我予防することを「アジャスト」と言います。

「アジャスト」の使い方

  1. 日程をアジャストして、別日程にコンサートをする。
  2. 今年度の成果によって、今後の戦略をアジャストするべきだ。
  3. 相手チームの出方次第で、対策をアジャストしなければならない。

「アジャスト」は、「アジャストする」というような使い方をすることが多いです。「アジャスト」単体で使用することはあまりありません。また、単に「調整」と言いたい時は「アジャストメント」という形で使用することが多いです。

①の例文はスケジュールに関する例文です。3つの例文の中で1番使用する頻度が高いでしょう。②の例文はビジネスに関する例文です。仕事をする上でこのような使い方をします。

③の例文は、スポーツに関する例文です。

「アジャスト」の語源

「アジャスト」の語源は英語のadjustという単語です。カタカナ語と意味は変わりません。英語では「ラジオのダイヤルを合わせる」という時にもadjustを使用します。

さらに語源をたどると、「調節する」という意味のフランス語になります。

「アジャスト」の類義語

「アジャスト」には以下のような類義語があります。

  • リスケ:日程を変える
  • フィックス:修正する
  • アダプト:適応する

リスケ

「リスケ」とは、「日程を変える」という意味のカタカナ語です。たとえば、会合を延期して日程をズラしたい時、「会合をリスケする」と言います。

フィックス

「フィックス」とは、「修正する」という意味のカタカナ語です。手を加えて修正するという意味で「アジャスト」と似ています。

アダプト

「アダプト」とは、「適応する」という意味のカタカナ語です。「アジャスト」と似ていますが、ニュアンスが違います。「アダプト」は「環境に適応する」と言いたい時などに使います。

「アジャスト」の対義語

「アジャスト」には以下のような対義語があります。

  • アンチェンジアブル:変えられない
  • 不変:変わることのない

アンチェンジアブル

「アンチェンジアブル」とは、「変えられない」という意味のカタカナ語です。「チェンジすることができない」と解釈すればよいでしょう。「調整できない」という意味なので「アジャスト」とは逆の状況です。

不変

「不変」とは、「変わることのない」という意味です。漢字のままの意味ですね。「不変の人間心理」などと言います。

まとめ

以上、この記事では「アジャスト」について解説しました。

英語表記アジャスト(adjust)
意味調節、調整
語源英語のadjust
類義語リスケ、フィックス、アダプトなど
対義語アンチェンジアブル、不変など

「アジャスト」はビジネスや日常でも使う単語です。ぜひ、この記事を参考にして使い方を覚えましょう。