四字熟語「前後不覚(ぜんごふかく)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「前後不覚(ぜんごふかく)」です。

多くの方が、1度は聞いたことのある言葉ではないでしょうか。ただ、頻繁に使われる四字熟語ではないため、意味などを正確に説明するのは意外にも難しいですね。

そこで、この記事では、「前後不覚」の意味・使い方・類語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「前後不覚」の意味をスッキリ理解!

前後不覚:後先(あとさき)が分からなくなるほど、意識が正常に動かなること。

「前後不覚」の意味を詳しく

「前後不覚」という四字熟語のうち、「前後」の部分に注目しましょう。

「前後」は“時間の前後”を表します。つまり、「物事の後先」ということです。“空間的な前・後ろ”を指しているわけではありませんので、注意が必要です。

次に、「不覚」の部分に着目しましょう。「覚」には「意識する」「記憶する」という意味があります。「不」という文字が「覚」を打ち消していることから、「不覚」は「意識がない」「記憶がない」という意味を指すことがわかりますね。

つまり、「前後不覚」は、「物事の後先がわからないほど、意識が正常に機能していない」という状態を表す四字熟語なのです。

スポンサードリンク

「前後不覚」の使い方

「前後不覚」は、「お酒を飲みすぎて意識がはっきりしない」という状態を指す場合によく使われます。

たとえば、「昨夜、大量のお酒を飲んで前後不覚になってしまった。友人が家まで送ってくれたそうだが、覚えていない。」という文について考えましょう。

この文は、酔っ払って記憶がなくなり、どのようにして家に着いたのかも思い出せないという状態を表しています。ですから、「後先のことがわからないほどに、意識が正常に働かなくなる」という意味をもつ「前後不覚」の正しい例文といえます。

 

しかし、「前後不覚」が使われるのは、お酒を飲みすぎた場合だけではありません。

たとえば、「本を読んでいたが、内容があまり面白くなかったため、途中で前後不覚になってしまった。」という文も挙げられます。この文は、読書をしていたものの、退屈になって眠ってしまったことを表しています。

このように、「いつの間にか深い眠りについたために、意識がはっきりしなくなる」というシチュエーションでも、「前後不覚」が使われるのです。

「前後不覚」の類義語

「前後不覚」には、以下のような類義語があります。

  • 意識不明(いしきふめい):意識がなくなること
  • 人事不省(じんじふせい):知覚や意識を失うこと

どちらも「意識が正常に動いていない」ということを表すことから、「前後不覚」の「物事の後先がわからなくなるほどに意識が正常に働かなくなる」という意味と共通していますね。

ただし、上記の2語は、病気や怪我で昏睡(こんすい)状態になることを指す場合もあります。この意味での「意識不明」「人事不省」は、「前後不覚」の意味とはやや異なります。なぜなら、「前後不覚」は、「一定の時間が経てば、はっきりとした意識が戻る」という前提がある場合にのみ用いられるからです。

スポンサードリンク

「前後不覚」の英語訳

前後不覚の英語訳として、次のような表現が挙げられます。

  • become unconsciousness
    (意識のない状態になる)
  • lose concsiousness
    (意識を失う)

どちらの表現も、「意識がない」ということを表すため、「前後不覚」の英語訳として適切ですね。

「前後不覚」の中国語訳

「前後不覚」を中国語に訳すと、次のような表現になります。

神志不清shén zhì bù qīng
(気を失う)
不省人事bú xǐng rènshí
(病気や泥酔で意識を失う)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「前後不覚」について解説しました。

読み方 前後不覚(ぜんごふかく)
意味 物事の後先がわからなくなるほど、正常な意識を失うこと
類義語 意識不明、人事不省
英語訳 become unconsciousness(意識のない状態になる)など

「前後不覚」の状態は、ときに危険です。生活習慣などに気をつけて、はっきりとした意識を保つことが大切ですね。

スポンサードリンク