ことわざ「横紙破り」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「横紙破り(よこがみやぶり)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・英語訳について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「横紙破り」の意味をスッキリ理解!

横紙破り(よこがみやぶり):不合理な自分の意見を無理に押し通そうとすること

「横紙破り」の意味を詳しく


「横紙破り」とは、「不合理な自分の意見や、常識から外れたことを無理に押し通そうとすること」です。また、そのようなことをする人を指す場合もあります。

スポンサードリンク

「横紙破り」の使い方

  1. 彼はいつも周囲に対して聞く耳を持たず、横紙破りなやり方をする。
  2. 社内改革により、上層部の横紙破りな風潮が改善された。
  3. 横紙破りな人は、周囲からどう思われているのかを考えないのだろうか。

「横紙破り」の由来

「横紙破り」の紙とは、和紙のことを指しています。

和紙には、縦に紙の流れ目が入っています。そのため、和紙には縦方向に破れやすく、横方向には破れにくいという性質があります。

このことから「不合理な自分の意見や、常識から外れたことを無理に押し通そうとすること」を「和紙を、横方向に無理やり破こうとすること」にたとえ、「横紙破り」ということわざができました。

スポンサードリンク

「横紙破り」の類義語

「横紙破り」には以下のような類義語があります。

  • 横車を押す:道理に合わないことを無理に押し通す
  • 横紙を裂く:無理を押し通そうとすること
  • 横紙を破る:無理を押し通そうとすること
「横車を押す」とは、「無理に押し通すこと」を「横から車を押すこと」にたとえたことわざです。

言わずもがな、車を横から押してもタイヤは動きません。このように無理やり動かそうとすることから転じて、「道理に合わないことを無理に押し通すこと」という意味を表しています。

「横紙破り」の英語訳

「横紙破り」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • acting illogically
    (非論理的な行動、横紙破り)
  • perverse
    (強情を張る、非を認めない、横紙破りな)
  • unreasonably obstinate
    (不合理に強情な、横紙破りな)

“acting illogically” のillogicallyは、「非論理的な」「不合理な」という意味があります。

“unreasonably obstinate” の後に名詞を置き、「横紙破りな〇〇」と訳すことができます。unreasonablyは、「不合理に」「無分別に」という意味の副詞です。また、obstinateは、「強情な」「頑固な」という意味の形容詞です。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「横紙破り」について解説しました。

読み方 横紙破り(よこがみやぶり)
意味 自分の思ったことを無理に押し通そうとすること
由来 和紙は横に破りにくいことから
類義語 「横車を押す」「横紙を裂く」など
英語訳 acting illogically(非論理的な行動、横紙破り)

「横紙破り」な行動ばかりでは、周囲から敬遠されてしまいます。自分の意見が、合理的で、かつ自分本意なものでないかを確かめる意識を持ちましょう。

スポンサードリンク