きちんと使い分けられてる?「横」「隣」「そば」の違い

違いのギモン

みなさんは、「横」「隣」「そば」と聞いてその違いを説明できますか?

「どれも似たような意味を持つのでは」などと思ってしまいがちですが、全てニュアンスが違います。

例えば、日本の「横」の国と、日本の「隣」の国とでは指す範囲が違うのです。

そこでこの記事では、「横」「隣」「そば」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:「横」は水平方向、「隣」は近くに並んでいるもの、「そば」は近く

どれも、あるものの位置関係を表す言葉です。

「横」とは、距離に関係なく水平方向上にあることを意味します。

「隣」は、同じ種類のものが並んでいるなかで、最も近くにあることを意味します。

「そば」は、方向に関係なく距離が近いことを意味します。

「横」をもっと詳しく


「横」を辞書で調べると、「水平の方向」とあります。

「横」で大事なのは「方向」です。「横にある」とは、水平方向に何かが位置しているということです。この時、距離は全く関係ありません

「上」や「下」が、「横」と似た概念です。どれも「方向」のみを示しています。「横」にあるものとは、上でもなく下でもなく水平の方向にあるもの、と言えますね。

あまり一般的な言い方ではありませんが、日本の「横」の国と言えば、どこの国を指すのでしょうか。この時の「横」は、世界地図の「横」の線である「緯度(いど)」のことと言えます。ですので、同じ緯度上にある「アメリカ合衆国」や「スペイン」などが日本の「横」にある国なのです。

 

「横」には、別の意味もあります。辞書には、「無関係」や「ある事柄に直接関係を持たない」といった意味も載っているのです。

たとえば、「話が横にそれる」といえば、話が関係のない話題に変わってしまうという意味です。

スポンサードリンク

「隣」をもっと詳しく


辞書を見ると、「隣」は「並んで続いているもののうち、最も近くにあること」とあります。

「隣」に方向は関係ありません。しかし、辞書に「並んで続いている」とあるように、何か同じようなものがたくさんあるという前提があります。

距離で言うと、「隣」というのは「同じ種類のものが並んでいる」なかで、最も近くにあるものを指します。ですので、実際の距離が近いかは関係なく、一番近くにある同じ種類のもののことを意味しているのです。

「隣の国」という場合、国という同じ種類のものが並んでいる中で、直接接している国のことです。このことから、日本の「隣」の国は韓国と言えます。間に海はありますが、他の「国」が間にある訳ではないので、隣り合っていると言えるのです。

 

「隣」には、「左右にある家」という意味もあります。「お隣さん」という言い方は一般的ですね。

「そば」をもっと詳しく


「そば」を辞書で引くと、「空間の隔たりがあまりない所」または「近く」とあります。

「そば」では、方向は全く関係ありません。360°のどの方向のことでも言えます。

より大事になってくるのは、距離です。辞書の意味にもあるように、距離が近いことを「そば」というのです。ただし、特にこの「近さ」に決まった基準がある訳ではありません。

日本の「そば」にある国とは、「韓国」や「中国」「ロシア」などと言えます。これらの国は、方角関係なく他の国々と比べて日本と距離が近いからです。

「側」と「傍」どっちが正しい?

「そば」というのは、漢字での表記が「側」と「傍」の2通りあります。

両者に意味の違いはありません。しかし、実は常用漢字では、どちらの漢字にも「そば」という読み方がないのです。

ですので、基本的に「そば」と書く時は、ひらがなで表記すれば間違いありません

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「横」「隣」「そば」の違いについて解説しました。

  • :距離に関係なく水平方向にあること
  • :最も近くにある同じカテゴリーのもののこと
  • そば:方向に関係なく距離が近いこと

「横」「隣」「そば」には、距離と方向に違いがあったのですね。

少しまぎらわしいこともあるかもしれませんが、きちんと使い分けができるといいですね。

スポンサードリンク