「来訪(らいほう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「来訪」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「来訪」の意味をスッキリ理解!

来訪(らいほう):人が訪ねてくること

「来訪」の意味を詳しく

「来訪」とは、人が訪ねてくることです。

相手が、何かの目的を持って自分を訪ねてくることを表します。たとえば、「自分の会社に営業をしたい」という目的で、他の会社の者が訪ねてくることなどが「来訪」になります。

そのため、「自分が他の場所を訪れること」は「来訪」とは言えません。逆の意味になってしまいます。

「来訪」の場所

「来訪」とは、「人が自分のもとを訪ねてくること」という意味です。

ただし、必ずしも自分の家や会社などの場所に訪れる場合だけを指すわけではありません。訪ねてくる相手と、自分が指定した場所で会う場合も「来訪」と言うことができます。

たとえば、相手に「10:00にカフェに来てください」と言って、その場所に来てもらうことも「来訪」になります。

ビジネスにおける「来訪」の意味

ビジネスにおいて「来訪」は、社外の人物が自社に訪れてきたときに使います。

社長が社員を呼び出した場合などには、「来訪」とは言いません。社長とその部下は、同じ会社の人間であるからです。

「来訪」の使い方

  1. この度は、遠いところをご来訪いただきありがとうございました。
  2. 本日10時から打ち合わせの予定がある長谷川様が、来訪されました。
  3. 亀井様は、今日の午後にご来訪になる予定です。

➊のように、「ご来訪」という丁寧な表現で使われることが多いです。

➋の「来訪される」という表現も丁寧な敬語表現です。

➌の「ご来訪になる」という表現も使われます。

「ご来訪される」という表現は二重敬語になってしまうので避けましょう。

「来訪」の語源

「来訪」の漢字には、以下のような意味があります。

  • :こちらへ近づいてくること
  • :人の所へたずねて行く・場所や人をおとずれること

「来訪」は、「こちらに訪れること」という意味の漢字であることがわかります。

「来訪」の類義語

「来訪」には以下のような類義語があります。

  • 来社(らいしゃ):社外の人間が会社を訪ねてくること
  • 来場(らいじょう):ある会場や場所に来ること
  • 来宅(らいたく):ある人が自分の家に出向くこと
  • 来臨(らいりん):ある人がどこかへ出席することの尊敬語

「来社」「来場」「来宅」の3つは「来訪」とは違い、場所が限定されています。

「来訪」は、自分の家や会社、指定した場所など、さまざまな場所に人が訪ねてくることを指します。

「来社」「来場」「来宅」は、それぞれ会社、会場、自宅などの限定された場所に人が訪ねてくることのみを表すのです。

「来訪」の対義語

「来訪」には以下のような対義語があります。

  • 訪問:人をたずねること・他人の家などを訪れること
  • 伺う(うかがう):訪問することのへりくだった言い方
  • 往訪(おうほう):人や場所をたずねること

「来訪」が「人が自分のもとを訪ねてくる」という意味であることに対して、これらの対義語は「自分が人や場所を訪ねる」という意味です。

「伺う」は、「訪問」や「往訪」の敬語表現です。へりくだることで相手を持ち上げる謙譲表現です。

「来訪」の英語訳

「来訪」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • visit
    (訪問)
  • come
    (来訪)
  • call
    (訪問・呼び出す)

まとめ

以上、この記事では「来訪」について解説しました。

読み方来訪(らいほう)
意味人が訪ねてくること
語源「こちらに訪れること」という意味の漢字
類義語来社、来場、来宅
対義語訪問、伺う、往訪
英語訳visit(来訪・訪ねる)
come(来訪)
call(訪問・呼び出す)

「来訪」は、ビジネスなどの場面でよく使われる言葉です。この機会に、意味や使い方をしっかりと理解しておきましょう。