同じようで違う?「ベテラン」と「プロ」の違い

違いのギモン

スポーツ選手や職人さんなど、その道を極めた人というのは尊敬できますよね。

そのような人のことを、「ベテラン選手」や「プロ級の腕前」と表現することがありますが、実はこの2つの単語には、意味の違いがあります。

そこで今回は、そんな「ベテラン」と「プロ」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:ベテランは長さ、プロは職業

「ベテラン」はあることの経験年数がとても長い人を指すのに対し、「プロ」はあることを職業として行っている人のことです。

「ベテラン」をもっと詳しく


「ベテラン」には、長きにわたる訓練や経験によって、何か熟練した技術を持っている人という意味があります。

しかし、その厳密な定義はないので、「ベテラン」となるのに「何年必要か?」や「どれほどの技術力が必要か?」といった基準は明確にありません。人それぞれ、自分なりに「ベテラン」を定義しています。

ここで注意が必要なのが、英単語の “veteran” です。日本語の「ベテラン」と同じように「老練(ろうれん)な」といったニュアンスはあるのですが、特にアメリカにおいて、 “veteran” という単語は多くの場合に主に「退役軍人(たいえきぐんじん)」を意味します。

例えば、アメリカには現役から退いた軍人を扱う「退役軍人省」というものがあります。正式名称は、“Department of Veterans Affairs” です。“veteran” という単語が使われていますね。

英語で「ベテラン」を表現したいときには、“experet” を使うと良いでしょう。“expert” の方が「熟練した」「老練な」という意味で広く使われています。

スポンサードリンク

「プロ」をもっと詳しく


「プロ」は、「プロフェッショナル」の略語で、何かを職業としていることを意味します。対義語は「アマチュア」です。

一番イメージしやすいのが、スポーツにおける「プロ」でしょう。以下、日本経済新聞に各スポーツにおける「プロの成り方」について、分かりやすい表がありましたので、引用します。

[出典:https://style.nikkei.com/article/DGXDZO36948100S1A201C1W14000]

このように、「プロ」のなり方は職業によってそれぞれです。

語源である英語の “professional” には同じように、「職業の」「専門職の」という意味があるので、特に使うのに注意する必要はありません。

まとめ

以上、この記事では、「ベテラン」と「プロ」の違いについて解説しました。

  • ベテラン:長年の経験を経て高い技術力を持った人
  • プロ:あることを職業にしている人

誰かを褒める時などによく使う言葉ですが、大きな違いがあります。きちんと使い分けができるといいですね。

スポンサードリンク