ことわざ「後ろ髪を引かれる」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「後ろ髪(がみ)を引かれる」です。

言葉の意味や使い方・由来・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「後ろ髪を引かれる」の意味をスッキリ理解!

後ろ髪(がみ)を引かれる:未練(みれん)が残っており、きっぱりと思い切れないこと

「後ろ髪を引かれる」の意味を詳しく


「後ろ髪を引かれる」とは、未練が残っており、きっぱりと思い切れないことを意味することわざです。そのような思いを指す場合には、「後ろ髪を引かれる思い」と表現します。

「未練」とは、あきらめきれない気持ちや様子という意味です。さまざまな場面で、人間はあきらめきれないことと数多く遭遇(そうぐう)します。

自分の中で未練が捨てきれず、もどかしい気持ちを表すのが「後ろ髪を引かれる」ということわざです。

 

もどかしさを表す言葉であるため、悲観的な意味で使われることが多いです。

たとえば、恋愛の場面です。悲観的な意味で使われる場面の例としては、長年付き合った彼女に別れを告げられた時が挙げられます。自分としてはあきらめきれない気持ちがある一方で、彼女から別れを告げられてしまった以上、見込みは多くありません。

この場面において、振られた男性が抱く「後ろ髪を引かれる」思いは、別れの悲痛(ひつう)さを感じさせるもので、悲観的な意味であると言えます。

 

一方で、同じ恋愛でも必ずしも悲観的な意味とは言えない場面もあります。たとえば、遠距離恋愛中の彼女の元に、彼氏が会いに行った際の帰りの場面です。

もっと彼女と一緒にいたいが、帰らなければならないという状況において抱く「後ろ髪を引かれる」思いは必ずしも悲観的とは言えません。なぜなら、そのような感情を抱くまで彼女のことを愛しており、「別れ」といえども付き合っている以上はこれからも会うことができるからです。

同じ恋愛でも、完全な別れの場面と一時的な別れの場面では、「後ろ髪を引かれる」の意味合いも大きく異なってくるのです。悲観的なイメージが先行しやすいことわざですが、必ずしもそうとは限らないという点は押さえておくべきです。

スポンサードリンク

「後ろ髪を引かれる」の使い方

  1. 父親の転勤のため、生まれた時から住んできた土地を、後ろ髪を引かれる思いで去る。
  2. 高校時代の彼女との思い出が忘れられず、今も後ろ髪を引かれている。
  3. 一日中デートした後の別れは、後ろ髪を引かれる
  4. 美味しそうな二つの料理のどちらかを選ばなければならないなんて後ろ髪を引かれる

「後ろ髪を引かれる」の由来

「後ろ髪を引かれる」ということわざは、未練がある時の、髪を引っ張られるような気がする感覚に由来しています。

何かに対して背中を向けて去ろうとしても、「未練」という気持ちがあるとなかなかそこを去る気になれません。そのような場面を、未練が髪を引っ張っているからなかなか去ることができないと比喩的に表現してできたのが「後ろ髪を引かれる」ということわざです。

女性はもちろん、男性も昔は髷(まげ)のために髪を長くしていたので、髪を引っ張られるというような表現がなされたと言われています。

スポンサードリンク

「後ろ髪を引かれる」の類義語

「後ろ髪を引かれる」には以下のような類義語があります。

  • 踏(ふ)ん切りがつかない:未練や心残りがあること
  • 恋々(れんれん)とする:未練があり、あきらめきれないこと
  • 名残惜(なごりお)しい:別れがつらく、心残りがあること
  • 後(あと)を引く:事の影響がいつまでも続き、解決しないこと

「後ろ髪を引かれる」の英語訳

「後ろ髪を引かれる」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • feel as if one had left one’s heart behind.
    (まるで心臓を忘れてきたような思いがする。)
  • feel as if one’s heart were left behind.
    (まるで心臓が後に残るような感じがする。)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「後ろ髪を引かれる」について解説しました。

読み方 後ろ髪(がみ)を引かれる
意味 未練が残っており、きっぱりと思い切れないこと
由来 何かに背を向けて去ろうとしても、未練に髪を引っ張られているような気がする感覚から
類義語 踏ん切りがつかない、恋々とする、名残惜しいなど
英語訳 feel as if one had left one’s heart behind.(まるで心臓を忘れてきたような思いがする。)

「後ろ髪を引かれる」の意味や使い方などを理解することはできたでしょうか。意味だけを見ると悲観的なイメージが先行してしまう言葉ですが、必ずしもそうではないという点は押さえておくべきでしょう。

ただ、何かに対して心残りがあって、あきらめきれない時の心境は一般的に考えても辛いものです。避けられないことも数多くありますが、できるだけ後に未練を残してしまわないように行動することは大切であると言えます。

必ずしも悲観的な意味ではないですが、気持ちとしては辛いものにはなるので、「後ろ髪を引かれる思い」はできるだけ抱きたくないですね。

スポンサードリンク