四字熟語「運否天賦(うんぷてんぷ)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「運否天賦(うんぷてんぷ)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「運否天賦」の意味をスッキリ理解!

運否天賦(うんぷてんぷ):人の運命は天が決めるということ。また、運を天に任せること。

「運否天賦」の意味を詳しく

「運否天賦」は、「運否」と「天賦」という2つの語句に分けることができます。

 

「運否」は、「うんぷ」と読み、「運と不運、運の良し悪し」を表します。

「天賦」は、「てんぷ」と読み、「天が与えたもの」を表します。

 

つまり、「運否天賦」は、この2つの語句の意味を組み合わせて、運の良し悪しは、天が与えるものという意味を表します。

そこから、さらに意味が発展して、「運を天に任せること」を意味するようになりました。

なお、「運否天賦」は「うんぴてんぷ」と読むこともできます。

スポンサードリンク

「運否天賦」の使い方

  1. やれるだけのことは全てやったのだから、あとは運否天賦だ。
  2. 所詮、人生は運否天賦なのだから、くよくよ悩んでも仕方ないだろう。
  3. 最後の最後は運否天賦だが、基本的な努力は欠かさないようにしている。
  4. 運否天賦であることを考えると、日ごろから良いことをするよう心掛け、徳を積む必要がある。

「運否天賦」の類義語

運否天賦には以下のような類義語があります。

  • 墜茵落溷(ついいんらくこん):何事にも運と不運があるということ

「墜茵落溷」の「茵」は敷物を、「溷」は便所を意味します。

風に吹かれてきた花びらの中には、きれいな敷物の上に落ちるものもあれば、汚い便所に落ちるものもあります。このことから、「何事にも運と不運がある」ということを表すのです。

スポンサードリンク

「運否天賦」の英語訳

運否天賦を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • All must be as God will.
    (全ては神の思し召しです)

まとめ

以上、この記事では「運否天賦」について解説しました。

読み方 運否天賦(うんぷてんぷ)
意味 人の運命は天が決めるということ。また、運を天に任せること。
類義語 墜茵落溷
英語訳 All must be as God will.(全ては神の思し召しです)

真珠湾攻撃の際の連合艦隊司令長官であった山本五十六(やまもといそろく)は、運否天賦を好んだ人物でした。つまり、大の博打(ばくち)好きだったのです。

あまりの運の強さに、カジノを出入り禁止になったという逸話も存在しています。

 

このように、山本五十六は賭け事における運には恵まれていました。しかし、戦争においては、負け知らずというわけにはいきませんでした。ミッドウェー海戦では、大敗を喫してしまい、日本の敗戦のきっかけとなってしまいました。

「運否天賦」ではうまくいかないものもあるものです。

スポンサードリンク