羽毛布団と羽根布団の違いは?打ち直しできる?寿命など6つの違い

違いのギモン

羽毛布団と羽根布団の決定的な違いは「使用しているダウンの割合」です。

家具屋さんに行った時など、羽毛布団と羽根布団の2種類を見かけて、何が違うのか気になったことはありませんか?

羽毛布団と羽根布団の違いを知らないと、寝具を選ぶ時にも困ってしまいますよね。

この記事では、羽毛布団と羽根布団の違いを詳しく解説します。

【結論】「羽毛布団」と「羽根布団」の違い

羽毛布団と羽根布団には以下のような6つの違いがあります。

羽毛布団羽根布団
①ダウンの割合ダウン50%以上ダウン50%未満
②価格約3万円〜10万円数千円〜
③保温性高い比較的低い
④獣臭比較的弱い比較的強い
⑤取扱方法・クリーニング可能
・打ち直し可能
・クリーニング不可能
・打ち直し不可能
⑥寿命約15年約5年

それぞれの違いについて詳しく解説します。

【違い①】ダウンの割合

羽毛布団と羽根布団の1つ目の違いは、使用しているダウンの割合です

ダウンとは、水鳥の胸元から採取できる羽毛です。ダウンボールとも呼ばれます。

  • 羽毛布団:ダウン50%以上
  • 羽根布団:ダウン50%未満

羽毛布団は、ダウンを詰め物として50%以上使用しています。

「ダウン99%:スモールフェザー1%」「ダウン50%:スモールフェザー50%」など割合は様々ですが、ダウンを50%以上使用していれば羽毛布団と呼ばれます。

一方、羽根布団は、ダウンを詰め物として50%未満しか使用していません。

ダウンとスモールフェザーの違い

一般的に、布団の詰め物にはダウンとスモールフェザーが使用されます。

ダウンとスモールフェザーには以下のような違いがあります。

ダウン
(ダウンボール)


羽軸のない毛
スモールフェザー

羽軸のある羽
部位水鳥の胸元水鳥のお腹
1羽の採取量10g~20g約60g

[画像出典:ふとんタナカYahoo]

ダウンはタンポポの綿毛のようにふわふわしており、保温性と湿度調整機能に優れています。

ダウンの中でも、下記の順に保温性に優れ、価格も高いです。

ダック(アヒル)<グース(ガチョウ)<マザーグース(飼育期間の長い親鳥)<アイダーダック(カモ科の野鳥)

一方、スモールフェザーは羽軸があり、通気性に優れています。

6.5cm以上はフェザー

スモールフェザーと同じく水鳥のお腹から採取され、長さが6.5cm以上ある羽根は「フェザー」と呼ばれます。

スモールフェザーは羽根布団に使用されますが、フェザーは枕や敷布団、クッションなどに使用されます。

【違い②】価格

羽毛布団と羽根布団の2つ目の違いは、価格です

ダウンがより多く使用されている羽毛布団のほうが、羽根布団よりも価格が高いです。

なぜなら、ダウンは採取量が少ないため、価格が高いからです。

具体的には、羽毛布団は3万円から10万円程度するのに対し、羽根布団は数千円から購入できるものもあります。

【違い③】保温性

羽毛布団と羽根布団の3つ目の違いは、保温性です

ダウンがより多く使用されている羽毛布団のほうが、羽根布団よりも保温性が高いです。

なぜなら、ダウンは暖かい空気を多く含むことができるからです。

水鳥にとっては肌着のような防寒の役割を果たしています。

【違い④】獣臭の強さ

羽毛布団と羽根布団の4つ目の違いは、獣臭の強さです

羽根布団は、以下のような理由から羽毛布団よりも獣臭が強いです。

  1. 羽軸の内部まで洗浄できないから
  2. コストが削られるから
  3. ダック(アヒル)が雑食だから

まず、スモールフェザーは、羽軸の内部まで完全に洗浄するのが難しいからです。

次に、羽根布団は羽毛布団よりも「格下」として扱われるため、そもそもの洗浄にかかるコストが削られるからです。

最後に、スモールフェザーは、価格の安いダック(アヒル)の羽根であることが多いからです。アヒルは雑食のため、余計に獣臭が強くなるのです。

以上の理由が重なり、結果的に、羽根布団のほうが羽毛布団よりも獣臭が強くなります。

【違い⑤】取扱方法

羽毛布団と羽根布団の5つ目の違いは、取扱方法です

羽毛布団
羽根布団
吊り干し
クリーニング
打ち直し
×

まず、羽毛布団も羽根布団も吊り干しすることができます。

次に、羽毛布団はクリーニングに出したり、コインランドリーで洗ったりできますが、羽根布団はクリーニングやコインランドリーでは洗濯できないことが多いです。

最後に、羽毛布団は打ち直し、すなわち再加工できますが、羽根布団は打ち直しできないことが多いです。

重いと干すのが大変

羽毛布団も羽根布団も吊り干しできますが、羽毛布団は約1.5kgなのに対し、羽根布団は約2.6kgあるため、干す時の労働力が異なります。

【違い⑥】寿命

羽毛布団と羽根布団の6つ目の違いは、寿命です

羽毛布団は、以下のような理由から羽根布団よりも長く使用できます。

  1. 生地が痛みにくいから
  2. 手入れしやすいから

まず、羽毛布団はダウンがより多く使用されているため、生地の品質が高くなっています。

また、羽毛布団はクリーニングや打ち直しができるため、こまめに手入れしやすいです。

具体的には、羽毛布団は大切に使用すれば20年以上使用できるのに対して、羽根布団は平均5年程度で生地が痛みやすいです。

「羽毛布団」と「羽根布団」の違いのまとめ

以上、この記事では、羽毛布団と羽根布団の違いについて解説しました。

羽毛布団羽根布団
①ダウンの割合ダウン50%以上ダウン50%未満
②価格約3万円〜10万円数千円〜
③保温性高い比較的低い
④獣臭比較的弱い比較的強い
⑤取扱方法・クリーニング可能
・打ち直し可能
・クリーニング不可能
・打ち直し不可能
⑥寿命約15年約5年

羽毛布団と羽根布団は、名前はよく似ていますが、その特性はかなり異なります。

長く使用したいなら羽毛布団、安いほうが良いなら羽根布団にするなど、自分のニーズに合わせて布団を選びましょう。

ABOUT US

間山智賀
間山智賀
自称、誤字キラー。 Web記事でも誤字脱字を見逃しません。言葉が大好きです。 大学では言葉遊びについて研究していました。マイブームは日本語ラップを聴くこと。