ことわざ「有卦に入る」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「有卦に入る(うけにいる)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「有卦に入る」の意味をスッキリ理解!

有卦に入る(うけにいる):幸運にめぐりあい、よいことが続くこと

「有卦に入る」の意味を詳しく


「有卦に入る」とは、幸運にめぐりあい、よいことが続くことです。

「有卦」とは、陰陽道(おんみょうどう)の考え方で、幸運が7年間続くといわれている年回りのことです。陰陽道とは、古代中国の自然哲学思想や、陰陽五行思想を由来とした学問のことです。日本には、仏教などの宗教と同じ時代に伝来したと言われています。

また、陰陽道では、7年間の有卦ののちに、5年間の「無卦(むけ)」が訪れると考えられています。「無卦」とは、5年間凶運が続く年回りのことです。

 

このように、12年間で「有卦」と「無卦」が一巡するという陰陽道の考え方を、「十二運(じゅうにうん)」と言います。

「有卦に入る」とは、実際に陰陽道の「有卦」の時期であるということを表しているのではありません。まるで「有卦」の時期であるかのように、幸運にめぐりあいよいことが続いている様子を表していることわざです。

なお、「有卦に入る」の「入る」は「いる」と読みます。「はいる」と読むことは誤りです。注意しましょう。

スポンサードリンク

「有卦に入る」の使い方

  1. 今春に引っ越しをしてから、有卦に入った日々が続いている。
  2. つらいことが続いても、いつか有卦に入ることを信じてひたむきに頑張る。
  3. この神社を参拝した者は、たちまち有卦に入るとして有名である。

「有卦に入る」の類義語

「有卦に入る」には以下のような類義語があります。

  • つきが回る:運が向いて物事が思うように進むこと
スポンサードリンク

「有卦に入る」の英語訳

「有卦に入る」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • have a run of good luck
    (幸運な期間を過ごす、有卦に入る)
  • one’s lucky years begin
    (幸運な年が始まる、有卦に入る)
  • to enter upon one’s lucky period of life
    (人生の幸運な時期に入る、有卦に入る)

“have a run of good luck” のhaveをenjoyに書き換えることも可能です。

“lucky period of life” は、直訳すると「人生の幸運な時期」ですが、「有卦」と意訳することもできます。

まとめ

以上、この記事では「有卦に入る」について解説しました。

読み方有卦に入る(うけにいる)
意味幸運にめぐりあい、よいことが続くこと
類義語つきが回る
英語訳have a run of good luck(幸運な期間を過ごす、有卦に入る)

とことん頑張って、頑張り抜いた先に訪れた幸運ほど幸せに感じられるものはありません。いつか訪れる「有卦に入る」時期で、存分にその幸せを感じるために、何気なく続く日常でも、ひたむきに頑張りたいものですね。

スポンサードリンク