ことわざ「氏より育ち」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「氏(うじ)より育ち」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「氏より育ち」の意味をスッキリ理解!

氏(うじ)より育ち:人格を形成するのに大切なのは、家柄よりも育つ環境であるということ

「氏より育ち」の意味を詳しく


「氏より育ち」とは、人間を形成するのに大切なのは、家柄よりも育つ環境であるということです。

「氏」は、「先祖代々引き継がれるもの」「家系」という意味です。つまり、「氏より育ち」は、「家系よりも、どのような環境で育ち、どのような教育やしつけを受けてきたかということが人格形成に大きな影響を与える」ということを意味します。

また、人間というのは本人の努力によって出来上がっていくという意味でもあります。

上方(京都)の「いろはかるた」の一つです。同じ意味で、「人は氏より育ち」ともいいます。

スポンサードリンク

「氏より育ち」の使い方

  1. 彼女は大手企業の社長令嬢だが、人に対する礼儀がまるでなっていない。まさに氏より育ちだなと思った。
  2. 氏より育ちということわざがあるように、たとえ貧しい家庭に生まれても、きちんとした教育を受け、本人が努力すれば優れた人間に成長できるのだ。

「氏より育ち」ということわざは、①の例文のように誰かの評判について話すときに使われることが多いです。

ただし、出自を評価して使う言葉であるため、話題にしている本人に直接使うことはあまりありません。直接言うと、たとえ褒める意図がある場合でも失礼にあたりますので、使う際には注意が必要です。

「氏より育ち」の類義語

「氏より育ち」には以下のような類義語があります。

  • 人は氏より育ち
  • 生まれつきより育ちが第一
  • 兎角(とかく)育ちは恥(はずか)しきもの
  • 育ちは育ち
スポンサードリンク

「氏より育ち」の対義語

「氏より育ち」には以下のような対義語があります。

  • 氏素性は争われぬ:生まれや血統の良し悪しは、必ず人柄に表れるということ
  • 蛙の子は蛙:この性質や能力は親に似るものだというたとえ

「氏より育ち」の英語訳

「氏より育ち」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • It is breeding and not birth that makes a man.
    (人間を形成するのは育ちであって、氏ではない)
  • Nurture is above nature.
    (天性より養育)
  • Breeding is more important than birth.
    (氏より育ち)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「氏より育ち」について解説しました。

読み方 氏(うじ)より育ち
意味 人間を形成するのに大切なのは家系よりも育った環境であるということ
類義語 人は氏より育ち、兎角育ちは恥しきものなど
対義語 氏素性は争われぬ、蛙の子は蛙など
英語訳 Breeding is more important than birth.(氏より育ち)

「氏より育ち」にはいくつかの対義語があります。おそらく、生まれた家系というのも人格に影響はあるでしょう。

しかし、育った環境や本人の努力により、より素晴らしい人間性を身につけられるという教えとして、このことわざを覚えておきたいものです。

スポンサードリンク