「黄昏(たそがれ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「黄昏」です。

言葉の意味・語源・関連語・使い方・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「黄昏」の意味をスッキリ理解!

黄昏(たそがれ):夕方の薄暗くなった頃・ものごとが終わりに近づき、衰えの見える頃

「黄昏」の意味を詳しく

「黄昏」の意味は、夕方の薄暗くなった頃・ものごとが終わりに近づき、衰えの見える頃のことです。

大きく分けると上のふたつの意味があります。それぞれの意味を詳しく見ていきましょう。

「夕方の薄暗くなった頃」の意味

「黄昏」の主な意味は「夕方の薄暗くなった頃」です。一日のうち、日没の直後で、雲のない西の空に夕焼けの名残りの「赤さ」が残る時間帯をこう表現します。

「ものごとが終わりに近づき、衰えの見える頃」の意味

「夕方の薄暗くなった頃」という意味から派生して「ものごとが終わりに近づき、盛りの時期が過ぎて衰えの見える頃」という比喩的な意味が生まれました。

「日が沈む頃」は、「一日の終わりが近づいていること」を表しているので、ここから一日だけでなく「ものごとの終わりが近づいている頃」という意味になりました。

また、ここからさらに年齢的に老いた頃を「人生の黄昏時」などと表現することがあります。

「黄昏」の語源

「黄昏」とは、「黄昏時」の略で、江戸時代になるまでは「たそかれ」と言われていました。もともとの漢字は「誰そ彼」で、「あなたは誰ですか」という意味です。

日が落ち始めてあたりが暗くなった頃は、人の顔が見えづらくなり「あなたは誰ですか」と確認する時間帯であるため「誰そ彼時」と言われるようになりました。

江戸時代では、薄暗い時間帯になるとお互いに「誰ですか」とお互いの身元を聞き合う風習がありました。お互いに誰であるかを確認することでよそ者や不審者を排除する目的があったと言われています。

「黄昏」の関連語

「黄昏」の関連語には、以下の3つがあります。

  • 黄昏色
  • 黄昏泣き
  • 黄昏る(たそがれる)

「黄昏色」の意味

「黄昏色」の意味は、「日没前の夕焼けのオレンジ色と藍色の夜空が組み合わさった情景・その色合い」のことです。

この風景が見られる時間帯は、撮影用語で「マジックアワー」とも呼ばれます。もっとも美しい時間帯と言われています。

「黄昏泣き」の意味

「黄昏泣き」とは、「乳児が夕方から夜にかけて激しく泣くこと・そのような乳児の傾向のこと」です。

「黄昏時」のあたりから乳児が泣き出す様子を表すので、このような名前になりました。

「黄昏る」の意味

「黄昏る」とは、「日が暮れて薄暗くなる」「盛りを過ぎて衰える」という意味です。

「物思いにふける」「ぼーっとする」という意味で使われることが多いですが、これは誤用です。

正しくは「空が黄昏る」などの文章で「空が薄暗くなる」という意味で使われます。

「黄昏」の使い方

  1. 黄昏の海辺の景色は非常にきれいだ。
  2. 黄昏時に彼と手をつないで歩く。
  3. 今はもう人生の黄昏時だ。

➊の「黄昏」と➋の「黄昏時」は同じ意味です。

また、「黄昏」の語源になった「誰そ彼」は、和歌などによく使われます。以下の歌は万葉集に収められている作者不明のものです。

誰そ彼と われをな問ひそ 九月の 露に濡れつつ 君待つわれそ

意味は以下のような内容です。

誰だあれはと、私のことを問わないでください。九月の雨に濡れつつ、あなたを待っている私なのです。

「黄昏」の対義語

「黄昏」には以下のような対義語があります。

  • かわたれ時:人の顔の判別がつかなくなる明け方の時間

「黄昏」の英語訳

「黄昏」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • twilight
    (夕暮れ)

まとめ

以上、この記事では「黄昏」について解説しました。

読み方黄昏(たそがれ)
意味夕方の薄暗くなった頃・ものごとが終わりに近づき、衰えの見える頃
語源「だれですか」という意味の「誰そ彼」
関連語黄昏色
黄昏泣き
黄昏る
対義語かわたれ時
英語訳twilight(夕暮れ)

面白い語源があるので、しっかりと理解しておきましょう。