「トランジット」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「トランジット」です。

「トランジット」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「トランジット」とは?

トランジット:(transit):他の空港の経由

「トランジット」の意味を詳しく

「トランジット」には大きく分けて3つの意味があります。1つ目が「通行する」「通過する」という意味です。2つ目が「航空機を使用して目的地に行く途中に他の空港を経由すること」という意味です。

3つ目が「インターネットでプロバイダが相互にネットワークを形成する方法の1つ」という意味です。「プロバイダ」とは、インターネットを利用したいユーザーに接続を行うサービスを行っている事業者のことです。

この3つの意味の中では、2つ目の「他の空港の経由」という意味が一般的によく使われます。

スポンサードリンク

「トランジット」の使い方

  1. ドバイに行くために北京でトランジットする。
  2. トランジットカウンターで手続きを行う。
  3. トランジットビザを入手したのでひとまず安心だ。

「トランジット」は旅行や航空業界の話題について述べるときによく使用します。また、「トランジットする」「トランジットを行う」という言い方をするのが一般的です。

①の例文は空港に関する例文です。ここでの「トランジット」は「乗り継ぎ」という意味で使われています。

 

②の例文の「トランジットカウンター」とは、「乗り継ぎを行う人たち専用の手続きをするところ」という意味です。実際に「トランジット」を行うときに、「トランジットカウンター」の標識がよく使われます。

③の例文は、入国に関する例文です。「トランジットビザ」というカタカナ語が出てきます。国際線の乗り継ぎをするときに使用する入国証です。

例えば、乗り継ぎまで数十時間ある場合、空港から外に出ることはできませんが、空港に留まるために許可が必要なのです。これは一部の国籍の人だけです。これを「トランジットビザ」といいます。

「トランジット」の語源

「トランジット」の語源は英語の “transit” です。カタカナ語と同じように「乗り継ぎ」「通行」という意味です。カタカナ語にない意味は「移り変わり」「変遷」「死去」です。また、アメリカでこの単語が使われる場合には、「輸送機関」「交通機関」という意味もあります。

スポンサードリンク

「トランジット」の類義語

「トランジット」には以下のような類義語があります。

  • バイパス:経由
  • トランスファー:乗換え
「バイパス」は「経由」という意味のカタカナ語です。その他にも3つの意味があります。1つ目が「混雑する道路の交通量を少なくするために設置された迂回路」です。2つ目が「人体の血管が異常な時に作る別の血管」です。3つ目が「問題や障害物を回避すること」です。

あまり文章中の単語として使われることはありませんが、「〜バイパス」などの名称の一部として使われることが多いです。例えば、道路の名前として使われることが多いです。その場合は、「交通量を規制して緩和する」という目的で建設された道路に対して使用します。

 

「トランスファー」は、「乗換え」「乗り継ぎ」という意味のカタカナ語です。その他にも「移転」「転移」という意味があります。「トランスファーする」という形で使用されることが多いです。

「トランスファー」は電車の乗り換えについて言及する時に使用します。例えば「都庁前」という駅で乗り換えする場合、「都庁前の駅でトランスファーする」というように使用します。英語でも「乗り換え」のことを「トランスファー」と言います。

そのためカタカナ語で「トランスファー」と言っても、海外の人たちに「乗り換え」という意味を伝えることができます。

まとめ

以上、この記事では「トランジット」について解説しました。

英語表記 トランジット(transit)
意味 他の空港の経由
語源 英語の “transit”
類義語 バイパス、トランスファーなど

「トランジット」は旅行をよくする人にとってはおなじみの単語です。この単語がわからないと旅行できない場合があります。

ぜひこの記事で「トランジット」の意味や使い方を理解して日常の生活で使いこなせるようになりましょう。

スポンサードリンク