「トレーサビリティ」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「トレーサビリティ(traceability)」です。

「トレーサビリティ」の意味や使い方、語源、類義語、「トレーサビリティ」の分類についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「トレーサビリティ」とは?

トレーサビリティ(traceability):物品の流通経路が追跡可能な状態と、その仕組み

「トレーサビリティ」の意味を詳しく

「トレーサビリティ」とは、物品の流通経路が追跡可能な状態や、その仕組みのことです。

日本語では「追跡可能性」と訳されます。ここで言う「物品の流通経路」とは、生産から消費までの全ての段階のことです。

近年の安全意識の高まりから、特に食品業界で注目されています。さらに、電気製品や自動車業界にも浸透し始めています。また、これらの業界によって細かい定義が変わることがあります。

家電などの一部の商品では、「処分」の段階までの追跡が企業に求められることもあります。

 

現段階では、「トレーサビリティ」には国際的に統一された規定はありません。そのため、コーデックス委員会で議論が行われています。コーデックス委員会とは、国際的な食品規格を規定している組織のことです。

スポンサードリンク

「トレーサビリティ」の使い方

  1. 農林水産省は、食品のトレーサビリティを普及させようとしている。
  2. 特定の商品のトレーサビリティを義務化する。
  3. 御社はトレーサビリティを強化しています。
  4. 特に食用の場合は、トレーサビリティの視点による商品の選択が求められる。

「トレーサビリティ」の語源

「トレーサビリティ」の語源は英語の “traceability” です。

「追跡する」という意味の英単語 “trace” と 「可能性」の意味の “ability” をつなげた単語です。

直訳すると「追跡可能性」で、ここから「物流経路を追跡できる状態のこと、またはその仕組み」という意味に転じました。

「トレーサビリティ」という発音から間違えやすいですが、 “trace” の “e” が消えて “tracability” にはなりません。あくまで “traceability” なので、注意しましょう。

スポンサードリンク

「トレーサビリティ」の類義語

「トレーサビリティ」には以下のような類義語があります。

  • 追跡可能性
  • 生産履歴
  • 品質管理
  • クオリティコントロール:企業が、商品やサービスの品質を向上するために行う活動

「トレーサビリティ」の分類

「トレーサビリティ」は大きく2つに分類されます。「トレースバック」と「トレースフォワード」です。

トレースバック

「トレースバック」とは、ある時点から時系列をさかのぼって記録をたどることです。日本語では「遡及(そきゅう)」と言います。

製品に問題が発生したときに、「トレースバック」を行って、問題が発生した原因を特定するのです。

このように「トレースバック」を行うことで、早急な問題解決や商品の品質改善を行いやすくなります。

トレースフォワード

「トレースフォワード」とは、製品の製造過程を時間に沿って追跡することです。日本語では「追跡」と言います。

例えば、ある部品の不良が発覚したとき、その部品が使用されている製品を特定することで、ピンポイントでそれらの製品を改修することができます。

このように、「トレースフォワード」を行うことで不良品の対策を行うことができるのです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「トレーサビリティ」について解説しました。

英語表記 トレーサビリティ(traceability)
意味 物品の流通経路が追跡可能な状態と、その仕組み
語源 “trace” と “ability” をつないでできた単語
類義語 追跡可能性、生産履歴、品質管理、クオリティコントロール
「トレーサビリティ」の分類 「トレースバック」と「トレースフォワード」の2つ

将来的には、ICチップなどで完全な「トレーサビリティ」が実現するかもしれません。

自らの安全のためにも、「トレーサビリティ」をしっかりと理解しておきましょう。

スポンサードリンク