「とりあえずお疲れ」とは?意味や元ネタを例文付きでわかりやすく解説

言葉

「とりあえずお疲れ」とは「相手をねぎらう言葉」です。

疲れている相手にかける言葉として、日常的にも使われそうですよね。

実は、ネット上である元野球選手に関する噂から広まった言葉なのです。

この記事では、「とりあえずお疲れ」の意味や元ネタをわかりやすく解説します。

「とりあえずお疲れ」の意味

とりあえずおつか

相手をねぎらう言葉

「とりあえずお疲れ」は、「まずは相手の苦労をいたわる」という意味のネットスラングです。

「とりあえずお疲れ」は、以下の2語から成り立っています。

  • とりあえず
    まず第一に。何はさておき。
  • お疲れ
    相手の苦労をねぎらう

「とりあえずお疲れ」は、他のことは置いておいて、まずは相手の苦労をねぎらうことを表します。

読点(、)を入れて「とりあえず、お疲れ」と表記することもあります。

「とりあえずお疲れ」の元ネタ

「とりあえずお疲れ」の元ネタは、元プロ野球選手・駒田徳広(こまだ のりひろ)氏に関するネット上で広がった噂です。

しかし、本人はラジオ番組で「噂は事実ではない」と明言したとされます

元ネタとなった噂は以下の通りです。

駒田氏は若いとき、日本人の女性と妊娠したことをきっかけに結婚しました。

出産に立ち会いましたが、生まれてきた子供の肌は黒く、どう見ても自分の子ではなかったのです。

駒田氏は呆然として、女性に向かって「とりあえず、お疲れ」と言ったとされます。

そして、女性とは2か月で離婚したとされます。

この噂がネット掲示板「なんでも実況J板(なんJ)」にたくさん書き込まれたため、広まったとされます。

本人は否定しているため使う際には注意

「とりあえずお疲れ」の元ネタとなった噂は、駒田氏本人は否定しています。

そのため、「とりあえずお疲れ」を使う際は注意しましょう。

駒田徳広氏とは


[出典:Wikipedia]

駒田氏は、以下のような元プロ野球選手です。

  • 1962年、奈良県に生まれる
  • 1980年、プロ野球球団『読売ジャイアンツ』に入団
  • 満塁のときに打率が良いため、「満塁男」と呼ばれた
  • 妻は駒田美佳子さん
  • 長女は駒田真子プロ雀士(じゃんし)※

駒田氏は、現在の妻である美佳子さんと結婚する前に1度の離婚歴があります。

元妻とは、1年4か月で離婚したとされます。

離婚した理由は、報道では「性格の不一致」とされていますが、定かではありません。

雀士とは?

麻雀(まーじゃん)をする人のことです。

「とりあえずお疲れ」の使い方

「とりあえずお疲れ」は、元ネタとされる噂が出産や不倫に関わるため、以下のような話題でよく使われます。

  • 出産
  • 不倫
  • 不倫による出産

例文を見てみましょう。

例文
A
不倫がバレて、離婚が成立したよ
B
とりあえずお疲れ
例文
A
妻が不倫していて、生まれたのが自分の子じゃなかったんだ…
B
とりあえずお疲れ

補足:近藤光史氏とは

「とりあえずお疲れ」は、妻の出産の際、自分の子供ではないと思われる子供が生まれた噂が元ネタです。

実際にこの体験をしたことがある人物として、近藤光史氏が挙げられます


[出典:昭和プロダクション]

近藤氏は、以下のような経歴をもつアナウンサーです。

1947年岡山県に生まれる
1971年毎日放送にアナウンサーとして入社
1992年当時の妻の健康上の事情などを理由に毎日放送を退社
1992年退社後すぐ、タヒチに移住
2000年日本に帰国して放送業界に復帰

放送業界に復帰したあと、テレビ番組において、近藤氏本人が以下のように語ったとされます。

タヒチに移住していたとき、日本人の妻が妊娠して現地で出産しました。

しかし、生まれてきた子供の目は青く、どう見ても自分の子ではなかったのです。

妻はヘルニアで通院しており、担当医と不倫してできた子供だったとされます。

ちなみに、その妻は近藤氏と離婚したあと、通院していた病院に勤める、別の医師と再婚しました。

近藤氏は、4度の離婚歴がありますが、上記のエピソードは2人目の妻との出来事です。

近藤氏の結婚歴
  1. 26歳から36歳まで
    地方局の女性アナウンサー
    2男1女をもうける
  2. 39歳〜?歳
    一緒にタヒチに移住し、現地で離婚
  3. 53歳〜57歳
  4. 65歳〜68歳
    34歳年下の看護師の女性

「とりあえずお疲れ」のまとめ

以上、この記事では「とりあえずお疲れ」について解説しました。

読み方とりあえずお疲(つか)れ
意味相手をねぎらう言葉
元ネタ元プロ野球選手・駒田徳広氏に関する噂

「とりあえずお疲れ」は、ネット上で広まった噂がネットスラングとして定着した言葉です。

使う際には事実だと勘違いさせないように注意しましょう。

ABOUT US

間山智賀
間山智賀
自称、誤字キラー。 Web記事でも誤字脱字を見逃しません。言葉が大好きです。 大学では言葉遊びについて研究していました。マイブームは日本語ラップを聴くこと。