故事成語「虎の威を借る狐」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「虎の威を借る狐(とらのいをかるきつね)」です。

この言葉は聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

漢文で習ったという人もいると思います。

 

しかし、有名な分、きちんと使えないと恥ずかしいですよね。

そこで、「虎の威を借る狐」の意味、由来、例文、類義語、英訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「虎の威を借る狐」の意味をスッキリ理解!

虎の威を借る狐(とらのいをかるきつね):他人の権力をかさに着ていばる人のこと

「虎の威を借る狐」の意味を詳しく

「虎の威を借る狐」とは、他人の権力をかさに着ていばる人のことです。

ちなみに、「威を借る」とは、権力を利用することです。

そして、「虎の威を借りる狐」と表記されることもあります。

また、「虎の威を仮る狐」とも表記されます。

 

ただ、「借る」を「駆る」「刈る」「狩る」などと表記するのは間違いなので注意が必要です。

スポンサードリンク

「虎の威を借る狐」の由来

「虎の威を借る狐」の出典は『戦国策』の「楚策」という章です。

この章の中に出てくるたとえ話が、「虎の威を借る狐」の由来になっています。

詳しく見ていきましょう。

 

ある時、ある場所で、虎に食べられそうになったキツネがいました。

そのキツネは賢かったので、「私は天帝から百獣の王に任命されているので、食べたら天から罰が下ります。嘘だと思うなら、私についてきてください」と言いました。

そして、虎がこの言葉に従い、キツネの後をついていくと、ほかの動物は虎のことを恐れて逃げていってしまいました。

 

虎は自分が怖がられているということに気づかず、キツネの話を信じてしまいました。

これが、「虎の威を借る狐」の由来です。

「虎の威を借る狐」の例文

  1. 彼は父が医者だということをいつも自慢しているが、まさに虎の威を借る狐だ。
  2. 彼は社長の権力をかさに着て新人をこき使っている。虎の威を借る狐のようだ。
  3. 虎の威を借る狐のようにしていると、周りからさめた目で見られてしまうだろう。
スポンサードリンク

「虎の威を借る狐」の類義語

「虎の威を借る狐」には以下のような類義語があります。

  • 便乗する
  • かさに着る

「虎の威を借る狐」の英語訳

「虎の威を借る狐」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • An ass in a lion’s skin.
    (ライオンの皮をかぶったロバ)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「虎の威を借る狐」について解説しました。

読み方虎の威を借る狐(とらのいをかるきつね)
意味他人の権力をかさに着ていばる人のこと
由来キツネが虎の力を借りていばったというたとえ話から
類義語かさに着る、便乗する
英語訳An ass in a lion’s skin

「虎の威を借る狐」は日常生活でも用いることができます。

ふさわしい場面があったら、使ってみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク