押さえておきたい!「時刻」と「時間」の違いを徹底解説

違いのギモン

時を表す言葉である「時刻」と「時間」。どのように意味が異なるのかが不明確だと感じる方がいるかもしれません。しかし、両者には明確な意味の違いがあり、使い間違えると違和感のあるニュアンスになってしまいます。

今回は「時刻」と「時間」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:「時刻」は一瞬、「時間」は時の長さ

「時刻」とは、時の流れのある一瞬のことを指します。一方、「時間」とは、ある時点とある時点の間の長さを表す言葉です。

つまり、「時刻」と「時間」は、それぞれが指している時間の幅に違いがあります。

「時刻」をもっと詳しく


「時刻」とは、時の流れの中のある一瞬、時点を指す言葉です。「時刻」の「刻」は「刻(きざ)む」と訓読でき、時の区切り目を表す漢字です。

基本的に、「~時~分」という形で示されるのは「時刻」と言えます。逆に、ある程度の幅を持った時の長さについて言及する場合は「時刻」は使われません

 

「時刻」を用いる具体的な例としては、待ち合わせや出発の時など、その時しかないというタイミングについて言及する場合が挙げられるでしょう。

ただ、「出発の時間」などのように、「時刻」の意味で「時間」という言葉が使われることがあります。しかし、この場合の「時間」は世俗的な使い方であり、正式には「時刻」を用います。

また、「時刻」には、都合の良い機会という意味もあります。その意味では「時刻到来」という表現があり、何かをするのに都合の良いタイミングがやってくることを指します。

「時刻」の使い方の例

  1. 只今の時刻は午前 7時 30分です。
  2. 今朝の起床時刻は 6時30分だった。
  3. 海外進出の時刻到来だ。

②にある「起床」のように、ある瞬間の行為を指す言葉には「時刻」を適用しましょう。

スポンサードリンク

「時間」をもっと詳しく


「時間」とは、ある時点とある時点の隔(へだ)たりや時の長さを表す言葉です。文字通り、「時刻と時刻の間」を表すのが「時間」であると言えます。

たとえば、「睡眠時間」や「所要時間」などのように、ある程度幅を持った時の長さについて言及する場合に「時間」を用いるのが適しています。また、既述したように、「時刻」の意味で「時間」が用いられる場合がありますが、正式な用法ではありません。

また、「時間」は幅を持った表現であることから、加減算(足し算や引き算)に活用できることも特徴です。

「時間」の使い方の例

  1. この宿題を終えるには相当な時間がかかりそうだ。
  2. 時間が経つのは早いものだ。
  3. パーティの開催時間は 3時間だ。
③は、パーティが始まってから終わるまでにかかる時間が 3時間だということです。「3時間」の「時間」は、時の長さの単位としての「時間(hour)」であるため、「開催時間」の「時間」とは言葉の位置づけが異なる点に注意しましょう。

③において他の表現を使うなら、「開催時間は〇〇時から△△時だ」のようになります。もし、「開催時刻」と言う場合は、「開催時刻は〇〇時だ」のように 1時点を示すようにしましょう。

英語表現における「時刻」と「時間」の違い

英語において、「時刻」と「時間」は以下のように表されます。

  • 時刻:the time
  • 時間:time

“the” には、特定の何か1つに焦点を当てているという意味合いがあります。「時刻」は「時間(time)」の中の1時点を指すことから、the time と表されます。the と time の間には、その時刻が早いか遅いか、また具体的に何をする時刻なのかを表す修飾語が入ることが多いです。

また、「時間」には多様な幅が考えられるため、time には long(長い)や short(短い)など、さまざまな修飾語がつきます。

それぞれを用いた例文は以下の通りです。

例文
  1. She asked me what the departure time of the first train is.
    (彼女は、始発電車の出発時刻を私に聞いてきた。)

  2. Fortunately, there is still enough time for us to study for the next exam.
    (幸いなことに、今度のテストに向けて勉強する時間はまだ十分にある。)

①では、「出発」という1時点の行為を表す言葉が修飾語としてついています。

②では、時間の幅を表現する enough が time にかかっていますね。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「時刻」と「時間」の違いについて解説しました。

  • 時刻:時の流れのある一瞬
  • 時間:ある時点とある時点の隔たり

同じ時を表す「時刻」と「時間」ですが、1時点が「時刻」で時の長さが「時間」であるということで、両者には明確な意味の違いがあります。混同するとニュアンスがまったく変わってしまうため、きちんと使い分けてくださいね。

スポンサードリンク