知っていますか?「ティーチング」と「コーチング」の違い

違いのギモン

「ティーチング」も「コーチング」も、ビジネスの場面でもよく使われる言葉です。違いを理解して、使い分けることができますか?

今回は、「ティーチング」と「コーチング」の違いについて解説していきます。

結論:答えを教える「ティーチング」、問いかけで育てる「コーチング」

「ティーチング」は、答えを教えることで成り立つ指導方法の一つです。

一方で、「コーチング」は、相手への問いかけを通して、成長を支援する人材開発の一つです。

「ティーチング」をもっと詳しく


「ティーチング」とは、講師側が生徒側に答えを教えることで成り立つ指導方法です。知識や経験の豊富な人材が、答えを教えることを通して、経験や知識が乏しい人に知識の習得を促します。

「ティーチング」は学習プロセスが明確で速く大勢の人に提供できますが、コミュニケーションは一方的なものになりがちです。

たとえば、一方的に問題の答えを教える授業形態は「ティーチング」と言えます。

「ティーチング」が有効なケース

スキルや能力が低い人に対して、正確な知識を伝えたい場合に「ティーチング」は有効です。たとえば、新卒の社会人や業務未経験といった人は、右も左もわからないことが多いため、「ティーチング」によって教えることで基礎的な力を身につけさせることは効果的です。

しかし、「ティーチング」を使うことで、自ら考えて行動しようという自主性が損なわれる可能性があります。

「コーチング」をもっと詳しく


「コーチング」は、相手への問いかけを通して、その人自身が成長していく過程を支援する人材開発の一つです。1つの正解や考え方を相手に押し付けるのではなく、相手から考えを引き出させることで、幅広い視野の獲得を促します。

「コーチング」では、教える側との双方向のコミュニケーションがあるため、教わる側は自分の考え方を磨く機会を得られます。その結果、自分が持つ可能性を信じて、さまざまなことにチャレンジする人に成長します。

「コーチング」が有効なケース

一定の経験を積んでいる人であれば、基礎的なスキルは身についているため、さらに自分の考えを深めさせる「コーチング」は有効です。コーチングが成功すれば、自主性を持って行動する人材へと育成することができます。

逆に考えると、土台となる基礎知識がなければ、自分の考えを上手くまとめることができず、悩みにはまる恐れがあります。

コーチング資格の例

コーチングについてより深く学ぶことができる3つのコーチング資格をご紹介します。コーチングについて学ぶことで、自身のコーチングスキルの向上につながり、また実務で活かすことができます。

  • 国際コーチ連盟(ICF)認定コーチ資格
  • 一般財団法人生涯学習開発財団認定コーチ資格(認定コーチ)
  • プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ(CPCC)

「ティーチング」と「コーチング」のメリット・デメリット

ティーチングコーチング
メリット・基礎となる力を身につけることができる。

・一方的なコミュニケーションであるため、一度に大勢を教えることができる。

・自ら考える力を、身につけることができる。

・物事を多様な視点から捉えた思考を、身につけることができる。

デメリット・自主性や、自分で考える力が身につきにくい。

・受け身になり、模範解答を求めてしまう。

・基礎的な力がなければ、役に立たない。

・短期間で結果を出さなければいけない場合には、役に立たない。

まとめ

以上、この記事では、「ティーチング」と「コーチング」の違いについて解説しました。

  • ティーチング:答えを教えることで、成り立つ指導方法。
  • コーチング:問いかけを通して、その人が成長すること。
今回ティーチングした内容をしっかり把握して、どう使い分けるのが良いのかを理解し、使い分けましょう。