「タスク」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「タスク」です。

「タスク」の意味・使い方・語源・「プロジェクト」との違い・「TODO」との違いについてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「タスク」とは?

タスク(task):やるべき業務、課題

「タスク」の意味を詳しく

タスクという言葉には、大きく分けて2つの意味があります。

  1. ある1つの業務を完遂させるために必要な細かい作業
  2. コンピューターが処理する仕事の最小単位

ここからは、タスクの意味についてそれぞれ解説していきます。

 

まず、①の「タスク」とは業務や課題のことであり、ある仕事を完遂させるために必要な細かい仕事のことを指します。

例えば、「新しくWEBサイトを立ち上げる」という大きなプロジェクトがあったとします。

このとき、サイト名を考えたり、必要な人材を集めるといった細かい業務がタスクにあたるのです。

 

次に、②のタスクとはコンピューターが処理する仕事の中でも、最小のものを表すために使われる単位のことです。

一般に、ユーザーがコンピューターに指示した仕事のことを「ジョブ」といいます。

そして、コンピューターは「ジョブ」を完了するために、その仕事を「タスク」に細かく分解して効率的に処理するのです。

 

このように、タスクには2つの意味がありますが、一般的には①の意味で使われることがほとんどです。

また、どちらの意味で使われる場合でも、「大きな仕事の中に内包されている小さな業務」という部分は共通しています。

スポンサードリンク

「タスク」の使い方

  1. タスク管理がうまい人は、優先度をしっかりと理解しているものだ。
  2. このプロジェクトを遂行するためには、膨大なタスクをこなす必要がある。
  3. 新規事業を起こすにあたって、タスクフォースを結成することが決まった。
  4. 隣の部署のタスクチームには優秀な人が多い。まさに少数精鋭のエリート集団だ。

このように、タスクは主にビジネスの場面で使われることが多いです。

そして、タスクという言葉は英語の “task” に由来があるため、「仕事」と違ってグローバルな環境でも通じます。

よって、外資系企業のような外国人社員が多く集まる会社では、タスクという言葉は日常的に飛び交うでしょう。

 

タスクは「タスクフォース」や「タスクチーム」のような使われ方をすることもあります。

なお、「タスクフォース」とは具体的な戦略に則って編成される組織のことであり、「タスクチーム」は複数の組織から人材を集めて編成されるチームのことです。

「タスク」の語源

日本でよく使われる「タスク」は、英語の “task” から来ています。

“task” には「仕事・課題・学業・作業・職務」といった意味合いがあります。

そして、日本では「大きなプロジェクトに内包されている小さな業務」という意味で使われます。

 

カタカナ語と英語とでほぼ同じ意味を持つ「タスク」ですが、本来の語源はラテン語で「税」を意味する言葉にあります。

「税」の支払いは労働者の責務であるため、受け取り方によっては「課題・職務」といえます。

このように解釈の幅が広がった結果、ラテン語の「税」は「タスク=課題・職務」という意味で使われるようになったのです。

スポンサードリンク

「タスク」と「プロジェクト」の違い

「タスク」と似た言葉として、「プロジェクト」があります。

ここからは、2つの言葉の意味の違いについて徹底的に解説していきます。

 

プロジェクトとはタスクのような細かい業務のことではなく、より壮大な目標を設定して行われる業務のことです。

例えば、「新しいWEBメディアを起ち上げる」というプロジェクトがあったとします。

この際、プロジェクトを完遂させるために必要な細かい業務が「タスク」という位置付けとなります。

  • プロジェクト
    • 新しいWEBメディアを起ち上げる
  • タスク
    • サイト名を考える
    • デザインのコンセプトを決める
    • ターゲットを設定する
    • 必要な人材を集める
    • 目標を設定する

「タスク」と「TODO」の違い

次に、解説するのは「タスク」と「TODO」の違いについてです。

「TODO」とは、「タスク」をさらに具体的な行動に落とし込んだものです。

例えば、「必要な人材を集める」というタスクがあったとします。

この際、「求人サイトに募集を出す」といった具体的な行動が「TODO」にあたります。

 

ここまでで、「プロジェクト」と「タスク」と「TODO」の違いについて解説していきました。

参考までに、これらの言葉の関係性を下記にまとめておきます。

  • プロジェクト
    • 新しいWEBメディアを起ち上げる
      • タスク①
        • 必要な人材を集める
          • TODO①
            • 求人サイトに募集を出す
      • タスク②
        • 目標を設定する・・・
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「タスク(task)」について解説しました。

英語表記 タスク(task)
意味 やるべき業務、課題
語源 ラテン語で「税」を意味する言葉
類義語との違い プロジェクト:仕事の大枠、複数のタスクを内包する大きな業務
タスク:プロジェクトを完遂させるために必要な細かい業務
TODO:タスクをより具体的な行動に落とし込んだもの

あなたが初めてアルバイトを経験したとき、やることが多すぎてあたふたしませんでしたか?

もし、タスク管理がしっかりとしていれば、「今、何をすればいいのか?」で迷わなくて済んだはずです。

現在では、スマホのアプリやメモ帳など、タスク管理に最適なツールがたくさんあります。

これらのツールを存分に活用して、効率的に業務をこなしていきましょう。

スポンサードリンク