意外と知らない!「卵」と「玉子」の違い

違いのギモン

食生活の中で1日の中でも必ずと言っていいほど口に入れる「たまご」。そのたまごを漢字で書くと、「卵」と「玉子」の二つのパターンがありますよね。

つい、どちらも特に意識することなく混同して使ってしまいがちですが、両者には決定的な違いが存在します。この記事ではそんな「卵」と「玉子」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:卵は生物学上 or 調理前のたまご、玉子は食用 or 調理後のたまご

「卵」と「玉子」の大きな違いは、「たまご」の目的によります。「卵」は生物学上、子孫を残すためのもの、「玉子」は人間が食用として用いるためのものとして、分類して使用されます。調理前、調理後の「たまご」をそれぞれ「卵」、「玉子」と表記することもあります。

「卵」の詳しい解説と使い方の例


「卵」は生物学上の「たまご」を指す際に使用されます。生物学上というのはつまり、子孫を残すために生まれた「たまご」ということです。

一般的に、孵化(フカ)し、子孫が生まれることが前提とされている「たまご」を「卵」と表記することがほとんどです。

 

しかし、レシピなどで「生卵」と表記されるように、調理前の「たまご」を「卵」と表記する場合もあり、例外も多いのが事実です。前述したように、子孫が生まれることが前提の「たまご」は必ず「卵」と表記し、「玉子」とは表記しません。

また、まだ修行中、勉強中、成長中であり一人前ではない状態の人を「○○の卵」と表記することがありますが、それは今後一人前になるという、孵化に例えたものであるため、「玉子」ではなく「卵」と表記します。

「卵」の使い方の例

  • ヒヨコの卵が孵(カエ)った
  • 料理に生卵を用いる(調理前の「たまご」を指す例)
  • 医者の卵
スポンサードリンク

「玉子」の詳しい解説と使い方の例


「玉子」は一般的に食材として使用される前提の「たまご」を指す際に使用される漢字です。ですので、スーパーなどで並んでいる「たまご」は基本的には「玉子」と表記するのが一般的です。

しかし、前述したように、食材として使用する「なまたまご」を「生卵」と表記することもあり、「玉子」が調理された後の「たまご」を指すこともあります。

また、鳥類以外の「たまご」はたとえ食用であっても、調理後であっても「卵」と表記する場合がほとんどで、「玉子」という漢字は鳥類の「たまご」を指す表現であると言うことができます。

「玉子」の使い方の例

  • スーパーで玉子を買う
  • ラーメンのトッピングには味付け玉子が欠かせない(調理後の「たまご」を指す例)

まとめ

以上、この記事では、「卵」と「玉子」の違いについて解説しました。

  • :生物学上のたまごを指す。調理前のたまごを指す場合もある。
  • 玉子:食用のたまごを指す。調理後のたまごを指す場合もある。

「卵」と「玉子」は混同して使ってしまいがちですが、以上のような違いがあります。少し複雑な使われ方をする場合もありますが、子孫を残すための「たまご」を「玉子」と表記することは無いので、その点は注意が必要ですね。

スポンサードリンク