四字熟語「多情多恨(たじょうたこん)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「多情多恨(たじょうたこん)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「多情多恨」の意味をスッキリ理解!

多情多恨(たじょうたこん):感じやすい心を持っているために、「恨み」「悔い」「悲しみ」のような感情を持つことも多いこと

「多情多恨」の意味を詳しく


「多情多恨」とは、「感じやすい心を持っているために、恨みや悔い、悲しみのような感情を持つことも多いこと」です。また、その様子を指すこともあります。

言い換えると、感受性が豊かであるがゆえに、正の感情だけでなく負の感情も抱きやすい様子を表しています。

また、「多情多恨」は、恋愛感情が豊かであることをいう場合もあります。

「多情」とは、物事に対して感情を感じやすいことです。「多恨」は、恨みや憎しみの感情を持つことが多いことを表しています。「多情多恨」は、語順を反対にして「多恨多情(たこんたじょう)」ともいいます。

スポンサードリンク

「多情多恨」の使い方

多情多恨の使い方として、以下のような例文が挙げられます。

  1. 多情多恨な人とうまく人付き合いをするのはとても難しい。
  2. 私は、何か1つのこと落ち込むと、様々なことに対して多情多恨になりやすいところがある。
  3. 彼女は本来とても良い人なのだが、多情多恨な一面があるので周囲から敬遠されている。

「多情多恨」の類義語

多情多恨には以下のような類義語があります。

  • 多感多恨(たかんたこん):感情に影響を受けやすいために、恨みや悲しみの感情になりやすいこと

「多感」は、多情と同様に、物事に対して感情を感じやすいことです。また、感受性が強いことも表しています。

スポンサードリンク

「多情多恨」の英語訳

多情多恨を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • sentimental
    (多感な、感情的な)
  • rancorous
    (恨みのある)
  • full of tears and regrets
    (涙と後悔で溢れる)

まとめ

以上、この記事では「多情多恨」について解説しました。

読み方 多情多恨(たじょうたこん)
意味 感じやすい心を持っているために、「恨み」「悔い」「悲しみ」のような感情を持つことも多いこと
類義語 多感多恨
英語訳 sentimental(多感な、感情的な)など

マイナスの感情を表に出すことは褒められたことではありません。しかし、どうしても「恨み」「悔い」「悲しみ」のような感情が抑えきれなくなる時もあるでしょう。そのような時には、深呼吸をしたり、別のことを考えたりして冷静になることを意識してみましょう。

日頃から、自分を落ち着かせる方法を知っておくと良いですね。どんなに負の感情が湧いてもそれを自分の中で処理できる人は、とても強い人です。

また、「多情多恨」の意味をきちんと押さえ、正しく使いこなせるようにしましょう。

スポンサードリンク