「対峙(たいじ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「対峙(たいじ)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「対峙」の意味をスッキリ理解!

対峙(たいじ):2つ以上の対立するものが、にらみ合ったまま動かないこと

「対峙」の意味を詳しく

「対峙」という熟語は、用いられている漢字に注目すると、その意味をより理解しやすくなります。

まず「対」は、「対決」や「対立」という言葉に用いられていることから分かる通り、「向かい合う」という意味があります。次に「峙」は訓読みで「そばだつ」と読み、「まっすぐ立つ」という意味を持っています。

これら2つの漢字を合わせて、「対峙」は「対立している人や勢力が、にらみ合ったまま動かない状態」を表しているのです。

 

また「対峙」には、「山などが向かい合ってそびえ立つこと」という意味もあります。

スポンサードリンク

「対峙」の使い方

「対峙」の使い方の例として、以下のような文が挙げられます。

  1. 対峙している2人の侍は、お互いの力を見定めているようだ。
  2. 両軍は川を挟んでずっと対峙している。
  3. 彼は1人で恐怖と対峙してきた。

最初の2つの例文では、実際に対立している人と勢力が向かい合っているさまを「対峙」で表現しています。このようにして、「対峙」はお互い相手の様子を見合って、緊張感が漂っている状態を表すことができます

最後の例文では、恐怖という感情と彼は「対峙」しています。「対峙」は、実際に存在するものでなくても、一対一で向き合っているものであれば用いることができます。感情の例にも、「問題」「難題」「自己」などといったものも「対峙する」対象になりえます。

「対峙」の類義語

対峙には以下のような類義語があります。

  • 対決:2つ以上の対立するものが、向かい合って事(こと)の決着を付けること
  • 対立:2つ以上の対立するものが、反対の立場に立って争うこと
  • 対抗:お互いに勝利を争って張り合うこと

これらすべての類義語は、「対」という漢字が使われていることから「向かい合って」という意味は共通しています。

しかし、「じっとにらみ合う」という意味は「対峙」にのみあるものです。ニュアンスの違いに注意して使い分けましょう。

スポンサードリンク

「対峙」の英語訳

対峙を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • confrontation
    (対立、衝突)
  • facing each other
    (向かい合い)

例えば “confrontation” を動詞の形で、“The two forces are confronting each other across the river.” というように用いると「両軍は川を挟んで対峙している」という意味になります。

“facing each other” は「向かい合う」という意味で、位置関係を指すのに使われます。

まとめ

以上、この記事では「対峙」について解説しました。

読み方 対峙(たいじ)
意味 2つ以上の対立するものが、にらみ合ったまま動かないこと
類義語 対決、対立、対抗
英語訳 confrontation(対立、衝突)、facing each other(向かい合い)

「対峙」という熟語は、日常的にもよく見るので親しみのある言葉だと思います。誰かと意見の違いなどで対峙していても、その違いを尊重できる心の広い人になりたいものですね。

スポンサードリンク