ことわざ「捨てる神あれば拾う神あり」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「捨てる神あれば拾う神あり」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「捨てる神あれば拾う神あり」の意味をスッキリ理解!

捨てる神あれば拾う神あり(すてるかみあればひろうかみあり):世の中は広くさまざまな人がいるため、見捨てる人も助けてくれる人もいることのたとえ

「捨てる神あれば拾う神あり」の意味を詳しく

「捨てる神あれば拾う神あり」とは、世の中は広くさまざまな人がいるため、見捨てる人も助けてくれる人もいることのたとえです。

私たち人間は生きている中で、人から見放されたり見捨てられることもあるが、その一方で助けの手を差し伸べてくれる人もいるという意味があります。

そのため、誰かに見捨てられて失敗してもくよくよ考える必要ないという教えの意味も含まれています。

世の中にはあらゆる人がいるため、もちろんその中には自分のことを良く思わない人もいます。その一方で自分のことを良く思って助けてくれる人も存在するのです。

「捨てる神あれば拾う神あり」の使い方

  1. 捨てる神あれば拾う神ありと言うように、ピンチの時には必ず手を差し伸べてくれる友人がいた。
  2. 一人に冷たくされたくらいでくよくよするな。捨てる神あれば拾う神ありって言うだろう。

「捨てる神あれば拾う神あり」の由来

日本には、「八百万(やおよろず)の神」という考えがあります。これは「自然界のもの全てに神が宿っている」という考え方です。

草木や河、土や虫などのあらゆるものにまつわる神が存在するという考えです。

古くから日本では「八」という数字が「多い」という意味で使われており、「八百万」は「無限に多い」という意味になります。

「捨てる神あれば拾う神あり」とは、この「八百万の神」という考えがもとになって生まれた言葉です。

 

「古くからの考えのようにあらゆる神が存在するように、世の中にはあらゆる種類の人間がいるため、自分を見捨てる人も救ってくれる人もいる」という意味の言葉です。

ここでは「世の中に無数にいる人間」を「あらゆるものに宿る神」に例えています。

「捨てる神あれば拾う神あり」の類義語

「捨てる神あれば拾う神あり」には以下のような類義語があります。

  • 渡る世間に鬼はない:世の中には無慈悲な人ばかりではなく、親切な人もいるということ
  • 倒す神あれば起こす神あり:世の中には無慈悲な人ばかりではなく、親切な人もいるということ
  • 寝せる神あれば起こす神あり:世の中には無慈悲な人ばかりではなく、親切な人もいるということ
  • 仏千人神千人(ほとけせんにんかみせんにん): 世の中には悪人もいるが、仏や神にたとえられるような善人も数多くいるものだということ

「捨てる神あれば拾う神あり」の対義語

「捨てる神あれば拾う神あり」には以下のような対義語があります。

  • 人を見たら泥棒と思え:他人をうかつに信用しないでいったんは疑ってかかれということ
  • 寺の隣にも鬼が住む:善人と悪人が交じり合っているのが世の中だというたとえ
  • 人を見たら鬼と思え:他人をうかつに信用しないでいったんは疑ってかかれということ

「捨てる神あれば拾う神あり」の英語訳

「捨てる神あれば拾う神あり」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • There is kindness to be found everywhere.
    (親切な人はどこにでもいる)

まとめ

以上、この記事では「捨てる神あれば拾う神あり」について解説しました。

読み方捨てる神あれば拾う神あり(すてるかみあればひろうかみあり)
意味世の中は広くさまざまな人がいるため、見捨てる人も助けてくれる人もいることのたとえ
由来自然のすべてのものに宿る神がいるという考え方から
類義語渡る世間に鬼はない
倒す神あれば起こす神あり
寝せる神あれば起こす神あり
仏千人神千人
対義語人を見たら泥棒と思え
寺の隣にも鬼が住む
人を見たら鬼と思え
英語訳There is kindness to be found everywhere.(親切な人はどこにでもいる)

「捨てる神あれば拾う神あり」は、ポジティブな言葉です。類義語までしっかりと覚えておけるといいでしょう。