「サステイナブル」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「サステイナブル」です。

「サステイナブル」の意味・使い方・語源・類義語について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「サステイナブル」とは?

サステイナブル(sustainable):持続可能な

「サステイナブル」の意味を詳しく

「サステイナブル」は、「持続可能な」という意味のカタカナ語です。または、「持続可能な様子」について表しています。特に人間や他の動物が快適に過ごすことのできる地球環境を維持しながら、社会的には経済や産業を発展し続けることを意味することが多いです。

スポンサードリンク

「サステイナブル」の使い方

  1. サステイナブルエコノミーを目指した社会づくりをする。
  2. サステイナブルモビリティにテスラ社は挑む。
  3. サステイナブルシティを政策目標に掲げたことは評価すべきことだ。

「サステイナブル」を使用するのは社会や経済について言及するときが多いです。しかし「サステイナブル」だけで使用することはあまりありません。他のカタカナ語などと結びつけて使用することが多いです。

①の例文は経済活動に関する例文です。「エコノミー」は「経済」という意味のカタカナ語です。「サステイナブルエコノミー」は「持続可能な経済」となります。これは私達の孫の世代が困ってしまうような経済活動は避けて、周囲の状況に配慮した経済活動を行うということです。

 

②の例文は自動車に関する例文です。「モビリティ」は「自動車などの移動手段」を意味するカタカナ語です。「サステイナブルモビリティ」は電気自動車などに代表される環境に優しい自動車のことです。テスラ社は、その電気自動車を開発している会社です。

③の例文は都市づくりに関する例文です。「サステイナブルシティ」とは、「環境への配慮を行った街づくり」のことです。郊外での森林伐採だけではなく、都市部でも電気や石油の無駄遣いという問題点があります。

そうした、環境へ悪い影響を与える行為を辞める街づくりが「サステイナブルシティ」です。

「サステイナブル」の語源

「サステイナブル」の語源は英語の “sustainable” です。「持続可能な」という意味があります。カタカナ語の意味と大差ありません。しかしながら語源となった英単語も最近になって多く用いられるようになりました。

1987年に国際連合が「持続可能な開発」をしようと言ったことが「サステイナブル」が一般的によく使用されるきっかけになりました。

スポンサードリンク

「サステイナブル」の類義語

「サステイナブル」には以下のような類義語があります。

  • キープ:続ける
  • ラスティング:長持ちする
「キープ」は「続ける」という意味のカタカナ語です。「キープする」という形でよく使います。例えばショッピングセンターのフードコートで、席を取っておくことを「席をキープしておく」と言います。

「キープ」はある物やある事柄を一定の状態のままにしておくという意味が強いです。この点が「サステイナブル」と異なっており、「キープ」の方が短い時間の状態を表しています。

 

「ラスティング」は「長持ちする」という意味のカタカナ語です。バッテリーの持ち時間やどれくらい持つのかを表現したいときに、英語では “last” を使用します。 “last” は「続く」という意味の英単語です。その意味がもとになって、「ラスティング」は「長持ちする」という意味になりました。

長持ちする化粧品のことを「ラスティング」と言うこともあります。

まとめ

以上、この記事では「サステイナブル」について解説しました。

英語表記 サステイナブル(sustainable)
意味 持続可能な
語源 英語の “sustainable”
類義語 キープ、ラスティングなど

「サステイナブル」は環境問題に関心がある人ならば1度は耳にしたことがある単語です。日常の生活ではあまり使いませんので、難しい単語です。しかしながらニュースを理解するときに必要です。

ぜひこの記事で「サステイナブル」の意味や使い方を理解して日常の生活で使いこなせるようになりましょう。

スポンサードリンク