「サジェスト」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「サジェスト」です。

「サジェスト」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

「サジェスト」の意味をスッキリ理解!

サジェスト(suggest):提案する、示唆する

「サジェスト」の意味を詳しく

「サジェスト」は「提案する」「示唆する」という意味のカタカナ語です。ただの「提案」と言いたいときには「サジェスチョン」という名詞型を使います。

たとえば、「週末は買い物に行こうと提案する」と言いたい時に、「買い物に行こうとサジェストする」と言い表すことができます。

「サジェスト」の意味は「提案する」であっても、場面によって意味合いが変わってきます。たとえば、以下です。

  • サジェスチョンセリング
  • 予測変換
  • 自動表示

「サジェスチョンセリング」の意味

たとえば、ビジネスで営業をする時です。営業で「サジェスト」といえば、「サジェスチョンセリング」の略称です。お客さんがほしい商品を探しているときに、「こちらはどうですか」と言って商品を提案して購買を促すことです。

営業に限らず、飲食店でも使います。たとえば、「ご一緒にドリンクはいかがですか?」と聞いて注文を提案することです。

「予測変換」の意味

また、「サジェスト」が1番使われるのはウェブサービスに関する場面で、サービスによって微妙に意味合いが変わります。ここでは代表的なサービスを取り上げます。

まず、Googleです。Googleの「サジェスト」といえば、「予測変換」という意味になります。Googleは検索を行うときに利用しますが、「ユーザーが検索しようとしているキーワードはこれかな?」と提案することです。

たとえば、「サジェスト」と検索欄に入力すると、「サジェスト 意味」「サジェスト 類義語」など出ます。これがGoogleにおける「サジェスト」です。

 

ちなみにTwitterでも同じように「サジェスト」は「予測変換」の意味として使います。Twitter内の検索機能を利用すると、Google検索と同じように検索候補が表示されます。

「自動表示」の意味

また、最近ではLINEでも使用します。LINEでは検索ワードに関する「予測変換」という意味ではありません。

LINEのトーク画面で文字を入力すると、入力した内容にあったスタンプなどを自動で表示してくれます。この「自動表示」をLINEでは「サジェスト」と言います。

たとえば、「眠い」と入力すると眠そうなキャラクターのスタンプが出てきます。

「サジェスト」の使い方

  1. 上司に新しいプランをサジェストする。
  2. サジェストで知りたい情報の検索候補が出てきた
  3. 営業マンのサジェストが上手で購入してしまった。

「サジェスト」は「サジェストする」という形で使用することが多いです。①の例文はビジネスに関する例文で、最も一般的です。②はウェブサービスに関する例文です。Googleの検索などですね。③もビジネスに関する例文です。

また、例文では取り上げませんでしたが、「サジェスト汚染」という単語もよく使います。ある特定のキーワードを検索しようとすると、関連して不穏な言葉が予測変換で出てくることです。

極端な例を出すと、ある女優名で検索したとします。「女優名 浮気」といった感じで嘘か本当かどうかは関係なく、悪い噂が立ってしまうような事を「サジェスト汚染」と言います。マイナスな意味の予測変換が出ることですね。

「サジェスト」の語源

「サジェスト」の語源は英語のsuggestです。基本的にカタカナ語の「サジェスト」と意味は一緒です。しかし、英語のsuggestには「暗示する」という意味合いもあります。

さらに語源をたどると、「下から上に運ぶ」という意味のラテン語になります。

「サジェスト」の類義語

「サジェスト」には以下のような類義語があります。

暗示

「暗示」とは「仄めかす」という意味です。直接的な事は言わずに、なんとなく伝えることです。

ヒント

「ヒント」は「手がかり」という意味のカタカナ語です。直接的な事は言いませんが、正解にたどり着くような手がかりのことです。

プロポーザル

「プロポーザル」は「提案」という意味のカタカナ語です。「サジェスト」に比べて、企画などの提案に使うことが多いです。

まとめ

以上、この記事では「サジェスト」について解説しました。

英語表記サジェスト(suggest)
意味提案する、示唆する
語源英語のsuggest
類義語暗示、ヒント、プロポーザルなど

「サジェスト」は日常生活でもよく使う単語です。やはり、意味が分からないと困る時もあります。

ぜひ、この記事を参考にして「サジェスト」の意味や使い方を覚えましょう。