「スキップ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「スキップ」です。

「スキップ」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

「スキップ」の意味をスッキリ理解!

スキップ(skip):軽く跳びながら進むこと、飛ばすこと

「スキップ」の意味を詳しく

「スキップ」とは、「軽く跳びながら進むこと、飛ばすこと」という意味のカタカナ語です。大辞林によると、正確には3つの意味があります。

  • 片足で2歩ずつ交互に軽く跳びながら進むこと
    子どもが遊ぶ時によくやる足の動かし方です。嬉しい気持ちを表現したり、音楽に合わせて踊ったりする時に使います。
  • ある箇所からある箇所まで飛ばして先に進むこと
    これは足の動きのことではありません。たとえば、YouTubeを見ていて動画を見たい場面まで移動したい時に行うのが「スキップ」です。一瞬で画面が変わります。
  • キャプテン
    カーリングの用語で、主将を表します。

「スキップ」の使い方

  1. 彼女は嬉しそうな顔をしてスキップしている。
  2. つまらない動画はさっさとスキップした方が効率的だ。
  3. あの人がスキップのポジションに任命された。

①の例文は、「軽く跳びながら進む」という意味で「スキップ」は使われています。よく、「楽しい」「嬉しい」といったポジティブな形容詞と共にこの意味で使うことが多いです。

②の例文の「スキップ」は「先に進む」という意味で使われています。よく動画に関する例文で使います。特にYouTubeについて話題にするとき、使うことが多いので覚えておきましょう。

③の例文は「キャプテン」という意味で「スキップ」が使われています。この用法はほとんどしませんが、参考までに覚えておくとよいでしょう。「スキップ」は足の動作か、先に進むということに関して使う場合がほとんどです。

「スキップ」の語源

「スキップ」の語源は英語のskipです。カタカナ語の「スキップ」とほぼ同じ意味です。しかし、英語のskipの方が、意味が多いです。

  • 跳ね回る
  • 縄跳びをする
  • 一気に飛ぶ
  • 拾い読みする

以上のような意味があります。

カタカナ語にない意味では、「話題を変える」があります。この意味はカタカナ語と混同しないように注意しましょう。

「スキップ」の類義語

「スキップ」には以下のような類義語があります。

  • ジャンプ:両足で飛ぶこと、先に進む
  • ステップ:足取り、踏み台

それぞれ見ていきましょう。

ジャンプ

「ジャンプ」は、「両足で飛ぶこと」「先に進む」という意味のカタカナ語です。「スキップ」のように「軽く飛びながら進む」という意味はないですが、似ています。一方で、「先に進む」という意味は「スキップ」と同じような使い方をします。

たとえば、「お気に入りのシーンにジャンプする」などです。

ステップ

「ステップ」は「足取り」「踏み台」という意味のカタカナ語です。たとえば、ダンスをする時に足を動かすと思いますが、この足の動きのことを「ステップ」と言います。

また、バスや電車に乗る時の足場のことを「ステップ」と呼びます。「ステップ」には「先送りする」という意味はないので注意しましょう。

実際の例文では、「ステップを踏む」「ステップに注意する」というような使い方をします。

まとめ

以上、この記事では「スキップ」について解説しました。

英語表記スキップ(skip)
意味軽く跳びながら進むこと、飛ばすこと
語源英語のskip
類義語ジャンプ、ステップなど

「スキップ」は日常生活でもよく使うカタカナ語のひとつです。普段何気なく使っていても、意味を聞かれるときちんと答えることができない人もいます。

ぜひ、この記事を参考にして「スキップ」の意味や使い方を覚えましょう。