「スチール」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「スチール」です。
「スチール」の意味、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「スチール」の意味をスッキリ理解!

言葉語源意味
スチールstealボールを奪うこと
steel
still映像の中の一場面の写真

「スチール」の意味を詳しく

「スチール」とは、ボールを奪うこと・鉄・映像の中の一場面の写真のことです。

「スチール」には、以下のように語源が3つあります。

  • “steal”
  • “steel”
  • “steel”

語源ごとに意味が違うので、ひとつずつ見ていきましょう。

“steal” が語源の意味

カタカナ語「スチール」には、“steal”が語源になっているものがあります。

この場合の「スチール」は、「盗塁すること」「ボールを奪うこと」というスポーツ用語です。「スティール」と言うこともあります。

野球の「スチール」

野球における「スチール」は「盗塁」という意味です。

「ランナーがピッチャーの投球と同時に走り出して次の塁まで進むこと」を指します。

ランナーが塁に到着するより早くボールが塁に送球された場合でも、ランナーはタッチされなければセーフとなります。

バスケットボールの「スチール」

バスケットボールにおける「スチール」は、「ディフェンス中の選手がオフェンス中の選手からボールを奪うこと」を表します。

オフェンス側の選手のドリブル中に、タイミングよく手をだしてボールを奪ったり、オフェンス側の選手同士のパスの際にボールを奪ったりすることです。

ちなみに、パスの途中でボールを奪うことは「パスカット」とも呼びます。

“steel” が語源の意味

“steel” が語源であるカタカナ語「スチール」の意味は、「鋼(はがね)」、「鋼鉄(こうてつ)」のことです。

これらは、鉄を主成分とする合金を指します。鉄の強度や耐熱性などを人工的に高めたものが「鋼」に当たります。

「ステンレス」も「スチール」の一種ですが、いくつかの異なる点があります。

「ステンレス」は「スチール」よりも安価で加工しやすいですが、さびやすいというデメリットもあるのです。

“still” が語源の意味

“still” が語源になっているカタカナ語「スチール」は、「写真」を意味する言葉です。

“picture” のように単に「写真」を指すのではなく、「映画」「映像」と対になる言葉として使われます。

「スチール写真」「スチル」と呼ばれることもあります。

 

具体的には、映画の中のワンシーンを切り抜いた写真やゲームの中のワンシーンを切り取った画像のことを表します。

宣伝や広告のために使われることが多いです。

スポンサードリンク

「スチール」の使い方

「スチール」には以下のような使い方があります。

  1. 彼は足が速いのでスチールが得意だ。
  2. スチール缶とアルミ缶は分別しなければなりません。
  3. スチール写真を撮影する。

➊の「スチール」は「野球の盗塁」という意味で使われています。

➋の「スチール」は「鉄を主成分とする合金」という意味です。

➌の「スチール」は「映画のワンシーンを切り抜いたスチール写真」という意味で使われています。

「スチール」の語源

「スチール」の語源は英語の “steal” “steel” “still” です。

どれも発音が似ており、カタカナ語になると「スチール」になるのです。

 

“steal”は「盗む」という意味の動詞です。ここから「塁を盗む」「ボールを盗む」などの意味につながり、スポーツ用語となりました。

“steel”は「鋼」「鋼鉄」というカタカナ語と同じ意味です。

“still” は「静止した」という意味の形容詞です。ここから「映像のワンシーンを静止画として切り取った写真」という意味につながりました。

ちなみに英語では「スチール写真」のことは “still picture” “still photo” と言います。

スポンサードリンク

「スチール」の類義語

「スチール」には以下のような類義語があります。

  • スチール写真
  • 盗塁

まとめ

以上、この記事では「スチール」について解説しました。

英語表記スチール(steal steel still)
意味ボールを奪うこと・鉄・映像の中の一場面の写真
語源“steal” “steel” “still”
類義語鋼、スチール写真、盗塁

「スチール」は複数の意味がある言葉です。しっかりと使い分けできるようになりましょう。

スポンサードリンク