「ステージ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ステージ」です。こちらは、舞台の上等の物理的な意味だけにはとどまらない言葉です。みなさまは、意味をご存知ですか。

「ステージ」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ステージ」とは?

ステージ(stage):舞台、段階

「ステージ」の意味を詳しく

「ステージ」は「舞台、段階」という意味があります。

大辞林には、「ステージ」には4つの意味があります。1つ目が「舞台そのものと、そこで行われる演奏やショー」です。最もよく使われる意味です。椅子をたくさん列に並べて、場合によってはスポットライトなどを設置して人が何かパフォーマンスできる場所や空間をイメージすればわかりやすいでしょう。

2つ目の意味は、「映画を撮影する時に使うスタジオ」です。映画撮影において、屋内の作業現場として「ステージ」が使われることがあります。

3つ目の意味は、「公演や演説を行われるための演壇」です。物理的な実体としての舞台に、スピーチをするための場所というニュアンスが含まれている用法です。

そして、4つ目が「物事にある段階」です。この意味では、「このステージはクリアした」などといった表現があります。この段階は乗り越えたという意味です。

 

大きく分けて「舞台」という物理的な意味に一括りにできて、「段階」だけが形のない意味合いになります。

スポンサードリンク

「ステージ」の使い方

  1. ここがパフォーマンスのステージなので、広々としている。
  2. 彼のステージは見る人々の心を圧倒するものだった。
  3. ライフステージによって人の価値観は異なる。

①の例文の「ステージ」はただ単に「舞台そのもの」を指しています。人々がパフォーマンスする場所です。一方の②の例文では、「ステージ」はパフォーマンスを指しています。「ステージ」がどちらを指しているのかは、前後の文脈から意味を見分けるようにしましょう。

一方の③の「ステージ」は「段階」を意味しています。ちなみに「ライフステージ」は学生時代、社会人生活のように「人生の段階」のことを指します。

ここも前後の文脈から見分けるべきですが、こちらでは「パフォーマンス」など公演に関する単語があまり出てきません。見分ける時のヒントにしてみてください。

「ステージ」の語源

「ステージ」の語源は英語のstageです。意味はほぼ日本語の「ステージ」と一緒です。しかし、stageの方が意味の数が多いです。たとえば、「駅」「宿場」や「行程」という意味があります。

この違いを見分ける場面はあまりないですが、勘違いしないようにしましょう。ちなみにさらに語源を遡ると、ラテン語の「立つところ」と言う意味のstageという単語になります。

スポンサードリンク

「ステージ」の類義語

「ステージ」には以下のような類義語があります。

  • レベル:水準
  • ステップ:段階

「舞台」という意味では少ないですが、「段階」という意味では「ステージ」の類義語があります。

「レベル」は「水準」という意味のカタカナ語です。「水平」「水準器」という意味もあります。「レベルが高い」「レベルがアップする」というようにある物の段階について使います。

「ステップ」は「段階」という意味のカタカナ語です。特に物事が進行する上での段階について意味します。その場合、「成功へのステップ」などといいます。また、意味が多くあって「階段」「歩調」のことも「ステップ」ということがあるので、そちらも合わせて覚えましょう。

まとめ

以上、この記事では「ステージ」について解説しました。

英語表記ステージ(stage)
意味舞台、段階
語源英語のstage
類義語レベル、ステップなど

「ステージ」は小学生でも知ってるほど簡単なカタカナ語です。しかし、この単語の意味まで深く考えた言葉ありませんよね。ぜひ、この記事を参考にして「ステージ」という単語についての理解を深めましょう。

スポンサードリンク