知っていますか?「スポーツジム」と「フィットネスクラブ」の違い

違いのギモン

健康を意識して、「スポーツジム」や「フィットネスクラブ」に通っている人は多いのではないでしょうか。何気なく使っているこの2つの言葉ですが、ちゃんと違いを理解して使えていますか?

そこで、今回は「スポーツジム」と「フィットネスクラブ」の違いを、解説します。

結論:設備の充実度や、目的が違う

主に、筋肉トレーニングを行うのが、「スポーツジム」です。

一方で、マシンやトレーニング器具以外の設備が充実しているのが「フィットネスクラブ」です。

「スポーツジム」を解説


「スポーツジム」は、筋肉をトレーニングするためのマシーンが置いてある場所です。基本的には自分でメニューを組んでトレーニングをします。ダイエットを目的とした方もいますが、筋肉を増強させるために通っている人が、多いです。

よく「ジム」と、訳されます。また近年では、24時間・365日営業しているジムも増えてきました。

各種マシンを効果的に使うことで、シェイプアップ、運動不足の解消、脂肪燃焼、心肺機能の向上等のニーズに応える環境を提供するのが主なサービスです。どこのジムにも専門のトレーナーが勤務し、トレーニングをサポートします。

「民営のスポーツジム(民営ジム)」と「公営のスポーツジム(公営ジム)」の違い

また、スポーツジムでは「民営のスポーツジム(民営ジム)」と「公営のスポーツジム(公営ジム)」があります。この2つの一番大きい違いは、価格です。

「民営ジム」にかかる費用は、「公営ジム」に比べるとかなり高いです。たとえば、ある大手の「民営ジム」であれば、会員費用+月々の費用を払わなければなりません。しかし、「民営ジム」では、トレーナーが丁寧に指導してくれるといったメリットがあります。

一方で、「公営ジム」では入会費用がなく、1回数百円から利用できる施設もあります。ただし、施設によってマシンのレベルや機能に大きな差があります。また、トレーナーによる丁寧な指導はないところがほとんどです。

「スポーツジム」の例

大手民営のスポーツジムと、都内にある公営ジムを紹介します。

民営ジム
  • カーブス
  • ゴールドジム
  • エニタイムフィットネス
  • ライザップ
公営ジム
  • 千代田区立スポーツセンター(千代田区)
  • 総合スポーツセンター(中央区)
  • 港区スポーツセンター(港区)

「フィットネスクラブ」を解説


「フィットネスクラブ」は、スポーツジムにある施設に加えてプール、スタジオなどがある場所です。

性別問わず幅広い年齢層の方が利用をしており、通う目的もトレーニングだけでなく、健康維持、ダイエットなどさまざまです。さらに、トレーナーと一緒に、目的に合わせたトレーニング計画を立てる方もいます。

ほとんどの「フィットネスクラブ」が会員制です。

「フィットネスクラブ」のメリット・デメリット

メリット

モチベーションが上がるようなプログラムやトレーナーの指導があるので、自分の目的に合ったトレーニング方法を見つけることができます

さらに、トレーニングジムに加えて、充実した施設を利用したプログラムを受けることができます。たとえば、エアロビクスやヨガのレッスン、スイミングなどのレッスンも受けられます。

デメリット

スポーツジムと比べると、施設の利用料が高いところが多いです。

「フィットネスクラブ」の例
  • コナミスポーツクラブ
  • ルネサンス
  • 東急スポーツ・オアシス
  • セントラル
  • ティップネス

まとめ

以上、この記事では、「スポーツジム」と「フィットネスクラブ」の違いについて解説しました。

  • スポーツジム:筋肉トレーニングを行う場所。
  • フィットネスクラブ:マシンやトレーニング器具に加え、プールなどの設備がある場所。

これで、この2つの言葉の違いは完璧です。今後、体を鍛えたいと思ったときは、目的や予算に合わせて、通う場所を決めるようにしましょう。